おりにっき

じょうはな織館スタッフが綴る日々の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

景色の今。

「押」と「引」

の漢字の形が似すぎてて

いまだにどっちが「おす」で

「ひく」なのかよく分からない。

(↑ドアとかに書いてあるのが瞬時に読めない)

(↑ってこの間友達に話したらドン引きされました)










みなさまこんにちは

本日の城端は


晴れ


で、ございます。

数日前から首都圏で十数年ぶりの

大雪にみまわれたとか言ってますが

城端はいたって元気です。

雪は降るけどいつもより断然少ない。

(↑どうしちゃったのかしら?)














閑話休題。









最近じょうはな織館の屋上

↓ここ
IMG_4918 (2)

の事が気になって気になって

気になって気になって木になるほど

どーしよーもないのです。




( ゚∀゚)< どうなってるの!?とかあそこから見た景色は!?とかもう頭から離れないのです!!!




そして、とうとう

夢にまで見るようになりました。

先々日は


屋根裏部屋がいくつかあって、

そこで城端の方々が何人か普通に生活を営んでいましたし、

(↑夢です)


昨日のは

曳山祭りの日に大きな垂れ幕を屋上から吊るすことになって

外から長い梯子で上にのぼったのですよ。

(↑夢です)




気になりすぎて昨日の夜、

グーグルの地図を見て確認したら

異様にここの場所だけ真っ白で

さらに謎が深まる。


たぶんここ↓

無題


( ゚∀゚)< なんでこんな織館だけ白いの?!屋上どうなってるの?!ホントにこんなに真っ白になってんの?!なんで?!



なんでこんなに夢に出てくるほど

気になってるのかと言いますと

実は大きな理由が織館の

屋上にはありまして…




( ゚∀゚)< 私が生まれるずっと前のお話です。




こちらの写真をご覧ください。

20120327175757436_0002.jpg

昭和27年の城端消防団の行進の写真なのですが、

奥にじょうはな織館があるのが

分かりますでしょうか。

そしてその織館の建物の上にさらに…


0.jpg


( ゚Д゚)< なんかあるーーーー!!!





実は今から70年前ほどの昔、

じょうはな織館(当時は城端織物組合)の上に、

防空監視哨(ぼうくうかんししょう)

という所がありました。



( ゚∀゚)< 火の見やぐらみたいなもんです。



戦時中は織館が一番高い建物だったので

敵の飛行機が来たのをいち早く

周りに知らせるために置かれたそうです。

IMG_4918 (2)


( ゚∀゚)< 今はもうないのです。




1945年の昭和20年8月2日

家屋焼失率95.5%、

死者2737名負傷者7900名の

ヒロシマ・ナガサキを除く

地方都市への空襲としては最大規模となった

富山大空襲が起きました。



当時、城端で哨員として

監視をしておられた方のお話を聞くと、

「日付が変わる頃にB29が山の方から飛んできて、慌てて上に連絡をした。どんどん敵機の数が増えていくにつれて富山の方角が真っ赤になるのが見えた」

とのことです。


IMG_7134_20140211122633138.jpg

館内の2階へ行く

吹き抜けの階段の上の天井に

四角の凹があるのが分かると思います。



( ゚∀゚)< あそこから監視哨へ上れるようになっていたらしいですよ。



織館から見た悲しい景色。

そのことは決して切り離せないけど

でも、今は違うと思うのです。


今織館から見える景色は決して

悲しいものではないと思うから、




( ゚∀゚)< だからこそ!!




変わらずにあるこの場所から

美しく変わった景色の事を

その人たちに伝えたいな。

と思うのです。




( ゚∀゚)< 何日も夢に見るほど!!!

(↑ちょっと脚立持ってきて開けられるのかやってみようかな…)


スポンサーサイト

Comment

通りすがりの人 says... ""
はい、先週末の大雪は雪にほとんど馴染みのない我々にとっては大変なものでした。
雪かきも大変でした。
おかげで肘と肩と腰が・・・
雪国住まいの方の苦労を少しは体験できたのかな。
2014.02.11 19:58 | URL | #- [edit]
oriyakata says... "Re: タイトルなし"
> はい、先週末の大雪は雪にほとんど馴染みのない我々にとっては大変なものでした。
> 雪かきも大変でした。
> おかげで肘と肩と腰が・・・
> 雪国住まいの方の苦労を少しは体験できたのかな。



いつも通りこちらの方に振ってくれれば被害も少なく雪を片づけられたのに。
と、連日のニュースを見て思っていました。
ママさんダンプを持って私が除雪に行きたいくらい。
慣れない雪で大変だったと思います。どうかご自愛をば。

2014.02.20 13:19 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://oriakata.blog105.fc2.com/tb.php/970-d00a407b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。