おりにっき

じょうはな織館スタッフが綴る日々の出来事

灯るオレンジ。

病院で「デスクワークですか?」と聞かれて

普通に「はい。」と、答えたのですが

違うわ、私全然

デスクでワークしてる人じゃないわ。

機織りでワークしてるタイプの方やったわ。

「機織りワーク」って言わんなんあかんかったわ。

(↑絶対通じないけど)










閑話休題。












今年の夏が終わる頃。

織館はむぎや祭りに向けての

商品の製作に追われて忙しい日々を

過ごしていたのですが、

そんなときに織館のショップに商品を

置いて下さっている

五箇山の刺し子の作家さんから

鬼灯をたくさんいただいたのです。

IMG_6175.jpg

今年のむぎや祭の2日間も

玄関に飾って置いておきましたら、

たくさんの方が写真に撮って下さいました。



( ゚∀゚).。oO( あー!鬼灯写真に撮ってるー!ですよね!ですよね!きれいですよねー!嬉しいー!



別に全く気付かなくても、

自分のマイナスになるわけでもない、

他から見たら全然ど~でもいい所に

あ。と気づいて嬉しくなったり

楽しくなったりで、良い気分になる人は

変わらない日々の中で

自分の心を豊かにする術を知ってる

ステキな人だと思うのです。



写真を撮っておられる

お客様の横顔を見ながら


( ゚∀゚).。oO( ああいう大人になりたいなぁ…。


と、人知れず熱い視線を送っていたのは

ココだけのお話。



そして、むぎや祭が終わってからも

変わらず鮮やかな

五箇山からの秋のお便りを

嬉しく楽しく眺めていたのですが、



1ヶ月経ち…




( ゚∀゚)< またまだ色が鮮やかやな~枯れる気配が全くないなぁ~きれいやな~




2ヶ月経ち…



( ゚∀゚)< まだキレイな色しとるなぁ…可憐な上に、枯れんなぁ~
(↑ギャグです)



3ヶ月経とうという時に、



( ゚∀゚)< ちょっと!!まだ全然綺麗ななオレンジ色しとるがいけど!!めちゃめちゃ織館の空気に適応しとるな!!この鬼灯!!いやいやでも、さすがに玄関に飾っておくがはもう季節外れやろ!



という事で玄関から

下げようと思ったのですが

いろいろと嬉しいことをくれた

鬼灯だったし、

まだまだ色もきれいだし、

捨てるのは寂しいなぁと、

悩んでいた私は思いついたのです。


5264.jpg



( ゚∀゚)< あ!スケスケにしよう!!なんかテレビとか絵とかで見たことあるあのスケスケの鬼灯!出来るよね!たぶんあれ長く鬼灯を保存できるよね!



ということで、

やったことありませんが

ネットで調べて「透かし鬼灯」を

やってみることにしました。


まず水につけて

1週間ほど置いておきます。

6235.jpg


( ゚∀゚)< しばらく置いていたら、カビが発生して半分以上ダメになってしまいました。


表面が柔らかくなったら、

歯ブラシやスポンジでなでると

葉脈だけが残ります。


( ゚∀゚)< 口で言うのは簡単だけどこれがまた地道過ぎる作業!!!



根気強く丁寧に

オレンジ色を取っていくと出来ました。












IMG_6576.jpg

( ゚∀゚)< わぁーーーーーーーー!!はぁーーーーーーーーー!!!
(↑きれい過ぎて言葉にならない)




こんなにきれいにはっきり葉脈が残るとは

思ってなかったので、

自然の中のデザインセンスに感服しました。



( ゚∀゚)< なんて神秘的なんだろう!これ好き!こういうの好き!!




窓の光にかざすと

これまたさらに美しい。









IMG_6580.jpg

( ゚∀゚)< なんてこった!この絶妙な透け具合!この葉脈の繊細さ!そしてこのフォルム!完璧やん!!



とってもキレイに仕上がったので

この鬼灯をまた来年の秋に

飾っておくことにしましょう。



( ゚∀゚)< でも、このまま飾るのは味気ないから何か別の物にしたいな…タペストリーとか?…う~ん…何にしようかな…



良いアイディアが浮かぶまで

もう少しこのままで

眺めることにします。



また来年の小さな楽しみが増えて

大満足の今日この頃です。





スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://oriakata.blog105.fc2.com/tb.php/962-90f46e2a