おりにっき

じょうはな織館スタッフが綴る日々の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陶酔。

学生の頃は「mixi」をしてました。

結構な頻度で今より自由にバカな日記を書いてましたが、

設定の変更をしてる時に、ふと

アカウント削除のボタンを押してしまって

全部消えてしまいました。

(↑間違ったのか、それともイヤになったのか今でもよく覚えてないない)

(↑当時何を書いてたのか読み返したいなぁ今更やけど)









みなさまこんばんわ。

本日の城端は





で、ございます。

今朝、外が明るくなってきた頃から

ずいぶん冷えてきて、

丸一日寒い日になりました。

本格的な秋の到来を感じさせますね。

あまりに寒いもんだから

5時すぎに目が覚めて、

厚い毛布を取り出して二度寝。

(↑あったかくて気持ちよかった~)










閑話休題。










窓を開けると金木犀の香りがします。

もうそんな季節ですね。

おりにっきでも度々書いていますが

私は金木犀が好きです。

特に、あの香りがすると暑い夏の浮ついた心に

( ゚∀゚)< そろそろ静かに落ち着いて冬の準備せんなあかんよ~寒くて誰もいなくなっても一人でも大丈夫な心の準備せんなんあかんよ~

って金木犀に言われてるような気がして、

( ;∀;)< いやだ!まだ花火も見てないし、海にも行ってないし、まだむぎやも踊ってない! いやだ!まだみんなで楽しむ事いっぱいあるもん!

って寂しくなるところが、

とても好きです。


そう。


寂しく、切なくなるところが

とても好きなのです。

2013-09-26 09.25.27

なので、あの金木犀の「香り」事態を

意識したことは今までなかったのですが、

先日犬の散歩をしていた時に、

何気なく思ったのです。



( ゚∀゚).。oO( 金木犀の香りって甘いなぁ~甘すぎるな~もう少し甘さ控えめでさっぱりした方がいいなぁ~





( ゚∀゚)………。





( ゚Д゚)ハッ!!




( ゚Д゚).。oO( 私、自分で思ってたより金木犀の「香り」が好きじゃない!!!




今まで金木犀の

練香水やら、アロマオイルやらを買っては

嗜んできましたが、

毎日使ったりするのではなくて

気が向いた時に匂いを嗅いで、


( ;∀;)< むはぁ~切ねぇ~


って楽しんでるだけでした。

その理由がやっと分かりました。



( ゚∀゚)< 金木犀の香りで切なくなるのが好きな、私の事が好きだっただけだったんだね。
(↑自己陶酔にも程がある)



今まで生きてきて初めて分かった

自分でもちょっと気持ち悪い自分の事。

IMG_0479.jpg


でもでも、だからって

金木犀も嫌いになったわけじゃなくて、

今、城端の街を覆う秋の香りに

初めて気づいた自分の気持ちがあったから、

去年よりもっと

「甘い香り」がする金木犀の事が

好きになったような気がして、

これからさらに大きくなっていく秋も、

去年よりもっと楽しめる予感がした

今日この頃の事でした。


( ゚∀゚)<「憎さ余って可愛さ百倍」みたいな?そんな感じですよ。

(↑そんなことわざは無い)

(↑逆だ)





スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://oriakata.blog105.fc2.com/tb.php/945-8cf217e7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。