おりにっき

じょうはな織館スタッフが綴る日々の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい年。

大段英で大団円。

(↑ギャグです)

(↑言ってみただけです)

(↑たまに言いたくなるんです)










みなさまこんにちは。

本日の城端は


晴れ


で、ございます。

昨日、今日ととても

良いお天気が続いているのですが

昨日のニュースによると、

富山が全国で一番

湿度が低かったそうで、

7%

というスーパーカサカサ乾燥デイ。

の一日でした。



( ゚∀゚)< 静電気がすごくて大変だったよぅ~


(↑バチ!っと音がするほど)










閑話休題。











曳山祭りからもう1週間経ちますね。

お祭りの余韻が消えないのか、

5月病なのか、それとも

ただ単に不真面目なだけなのか、

なんだか今でも

夢見心地な気分の中を抜け出せずにいますよ。


( ゚∀゚)< 困ったねコリャ



祭りが終わって少し日にちが経ちまして

改めて今年の曳山を振り返ってみると、

今更になって織館の獅子舞と神様の

お迎えが出来なかったのが悔しい。

という思いでいっぱいになります。



( ゚∀゚)< あの時はホントお客様の対応で忙しかったからねぇ。



お客様で賑わうことは織館にとって

何よりもありがたいことなのですが、

やはり城端っ子としては、城端の神様に


( ゚∀゚)< 今年もみんなここで元気に働いております!一人スタッフは減りましたが、また新しいスタッフが増えます!遠くに行った人も、新しい人も元気で過ごせるようにどうか見守って下さい!



一言お伝えしたかったなと思うのですよ。



ということで、

見られなかった無念を晴らすため、

織館ではなく、

私の自宅の方に来てた獅子舞を

妹が写真に収めていたので、

それを鑑賞することにします。




486659.jpg

出番待ち坊や。

この長いはちまきと、

長いたすきが重なって下がってるとこが

重要萌えポイント。

(↑えらいマニアック)

400675_289856691149477_2098245024_n.jpg

かっこいいですね。

昔は女の子は獅子舞に参加できなくて、

小さい頃は、羨ましいなとずっと思ってました。


( ゚∀゚)< 正直今も羨ましいけどね!!


524748.jpg

天狗は小さい子や若いねぇちゃんを

驚かして、泣かせて、

獅子に食べさせるのがお仕事。


( ゚∀゚)< 良かったね!お嬢ちゃん!今年一年、良いことあるよ!

(↑泣いてるけど)



こうやって見るとそれぞれに、

それぞれが良いお祭りを迎えていたんだと

ホッとしますね。


よかった。よかった。

なんだか思ってること書いたら、

気持ちがスッキリしてきましたよ。


ダラダラ夢見心地してる場合じゃないですね、

お祭りはもう終わったんだから、

城端の新しい1年が始まったんだから、

しゃっきりと、

また来年、織館でお会いできるように

頑張っていきましょう!!

それでは!




( ゚∀゚)ノ< 仕事してきま~す!!!


スポンサーサイト

Comment

めがねきらり says... "お祭お疲れ様でした"
曳山祭からもう1週間経つんですね…
城端の獅子舞は何回か見てたのですが天狗が子供を獅子に食べさせるのは今回初めて見たので、かなり衝撃的でした。
自分の町内でそういうのはやらないですし。
やはり他の地域の獅子舞と比べると面白いですね。
あと自分も食べられたかったけどさすがに天狗はこんなおっちゃん連れていかないですよね(笑)
oriyakataさんは食べられたことありますか?
2013.05.10 20:21 | URL | #XVgCdbeE [edit]
oriyakata says... "Re: お祭お疲れ様でした"
> 曳山祭からもう1週間経つんですね…
> 城端の獅子舞は何回か見てたのですが天狗が子供を獅子に食べさせるのは今回初めて見たので、かなり衝撃的でした。
> 自分の町内でそういうのはやらないですし。
> やはり他の地域の獅子舞と比べると面白いですね。
> あと自分も食べられたかったけどさすがに天狗はこんなおっちゃん連れていかないですよね(笑)
> oriyakataさんは食べられたことありますか?


城端の獅子舞は天狗に食べられてしまうと、
その人の一年が良い年になると言われています。
ですので、その年に、新しく城端にお家を建てた人、
新婚さんのお家や、子供が生まれたお家などには必ず、
天狗が出てくる舞をお願い(お祝い、厄払い、祈願)するのです。

個人のお家などではそうなのですが、まねきさんや曳山会館などの場合は
ギャラリー楽しませるためのパフォーマンスの要素も兼ねているので、
食べられてしまうのは「怖がって逃げる人、泣く人(子供)」に限ります。
見ている人もそのほうが面白いので(笑
私も天狗が怖かった小さい頃は何度も食べられましたよ。
2013.05.11 11:44 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://oriakata.blog105.fc2.com/tb.php/919-e6311b55
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。