おりにっき

じょうはな織館スタッフが綴る日々の出来事

長い先の話。

富山は

Rich Mountain(リッチマウンテン)

(↑アイスの商品名みたい)









みなさまおはようございます。

本日の城端は


晴れ


で、ございます。

先日で、最終日を迎えました城端しだれ桜まつり

メイン日の13日14日の2日間は

暖かく、とてもいい天気になりまして、

城端の街も桜を楽しむたくさんの

お客様で賑わっていました。

ご来場下さったみなさまには、

桜と春の城端を満喫していただけたでしょうか。

楽しい時間になったのであれば嬉しいです。

ご来城いただきありがとうございました。



そして、今年の桜は咲き始めてから、

急に雪が降るほど寒くなったりしたので、

いつもより長いこと、

桜のかわいいお顔と一緒にいられましたね。

IMG_7302.jpg

ありがとう。また来年会いましょうね。












閑話休題。










ちょっとうっかり忘れてたのですが、

4月12日はじょうはな織館の誕生日でした。



( ゚∀゚)< おめでとーーー!忘れててごめんねーーーー!!!



そして今年はめでたく、

じょうはな織館。

開館10周年を迎えました。



( ゚∀゚)ノ・゚・。< おめでとーーーーーー!



城端の街を支えた絹織物の歴史を伝えるために、

そして城端の観光拠点として

オープンしましたじょうはな織館。


私は10年前の開館時には

残念ながらいなかったスタッフなので、

当時、織館の開館のために準備してきた

城端の方々がこの場所にどんな思いを込めて、

初めたのかは直接見ていないので分かりません。


企画室の資料を見ていると、


城端から新たな文化や価値を創造する


という文を見つけました。



( ゚∀゚)< おぉ!ナントまぁ!大きな思いだ!!



多かれ少なかれきっとそれぞれ

いろいろな思いが織館に託されて、

大きく育ってほしいと願いを込められたのだと、

たくさんの資料を見ていると感じます。


10年の節目を迎えた今

織館は今もその思いを受け継いで

大切に育てることが出来ているかな。

と、振り返り考えます。



( ゚∀゚)< 根本の「城端が好き」っていう気持ちが共有できていると思うんだよね。絶対。



初日のオープンセレモニーの記事が

出てきました。

20130414110551522_0001.jpg


20130414110551522_00013.jpg


( ゚∀゚)< そっかぁ合併前だから「南砺市」じゃなくて「城端町」としてのスタートだったのね…。


新たな文化や価値。かぁ。

じょうはな織館そしての文化や価値は

まだまだぜんぜん未熟だけど、


城端の街の深く素晴らしい文化とか、

この元城端織物組合事務棟の

美しい建物の価値の力を借りて、

じょうはな織館があと、

10年、50年、100年経ったときに

城端の大切な文化や、価値として

「じょうはな織館」

という存在があったらいいな。

と思うのです。



( ゚∀゚)< 私が死んでいなくなった後に、こんな余計なもの残して!こんなのいらないよ!!って言われないように頑張ろう!!!




せめて、お荷物にならないようにね。





ということで、


じょうはな織館は無事今年で

10歳を迎えることができました。

ここまで支えて下さった

たくさんの皆様があったからからこその

今の織館だと思っています。

本当にありがとうございます。


IMG_4918.jpg


この感謝の気持ちは織館という場を通して、

皆様に少しでもお返しできるよう

努めていきたいと思います。


そして、これらからも城端の発展のために

みなさまの声と一緒に頑張っていきますので、

どうぞ末永く見守り下さい。

改めて、じょうはな織館を

よろしくお願いいたします。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://oriakata.blog105.fc2.com/tb.php/911-b94b09f6