おりにっき

じょうはな織館スタッフが綴る日々の出来事

あんころ勝負師。

TARITARI見てたら

「たり」って言いたくなるよね。

「タリウム足りない」って言ってみたり。

(↑なんか違う)














みなさまおはようございます。

本日の城端は




くもり時々雨



で、ございます。

雨が少しだけ降っては、

湿度を上げて、

また少しだけ雨が降っては

湿度を上げていきます。

ジトジトジメジメいじくらしいなぁ…。

降るんなもっと

一思いに降ってくれればいいのに。

(↑そしたら気温も下がるのに)














閑話休題。

















城端にはお盆にあんころを食べて

お墓参りに行くという習慣があります。



城端のお盆の15日は

朝の6時にはもうお店が開いていて、

和菓子屋さんに長蛇の列ができます。

そしてみなさん10個~30個ほどの大量の

あんころを買っていくのです。


IMG_2964.jpg


暑い暑いお盆の日にわざわざ

モハモハしてて

のどに詰まりやすすい、

甘い甘いあんころを食べて、

お墓参りへ出かけるのです。


こんな苦しいことをしてるのは、

南砺市の地域全体の事ではなくて、

城端だけです。

お隣の地域の福光さんでも

こんな事はしてないそうです。


小さい頃からのことなので、

あまり変だとは思ってなかったのですが、

言われてみると、

あんころとかより

葛餅とかもっとひんやりしたお菓子食べて

お盆を迎えればいいのにな、と思います。





ので、ちょっと調べてみたら…





江戸時代、城端ではばくちが流行していたそうで、

あんころはばくちの最中の腹ごしらえに最適で、

よく出回っていたそうなのです。

後に、ばくちは禁止されるようになったのですが、

年1回、8月15日だけ特別に許可していた時期があって

『お盆にあんころ』はこの流れを受けて残ったのでは。



…という事でした。(参考:2010.8.20北日本新聞掲載記事)




( ゚∀゚).。oO( あんころ食いのギャンブラーが城端にはたくさんいたのねぇ…




勝負の最中の糖分補給に

あんころ食べるほど必死に

駆け引きをしてたかと思うと面白いですね。




じゃあ今年の15日のお盆はせっかくだし、

集まった親戚とあんころ食べながらゲームでもして

城端ギャンブラー復活させてみようかね。





( ゚∀゚)).。oO( 何がいいかしら…。現代人らしくWiiとか使って勝負する?

(↑あんころ絶対のどに詰まる)





スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://oriakata.blog105.fc2.com/tb.php/811-74118d89