おりにっき

じょうはな織館スタッフが綴る日々の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

躑躅。

夢をあきらめたんだと思っていた友人が、

全然あきらめたわけじゃなったので、

私もあきらめないでいようと思いました。

(↑いろいろと)







みなさまおはようございます。

本日の城端は


晴れ


で、ございます。

薄い雲が張っててそんなに

暑いことはないし、

過ごしやすい日です。

このこの時期のこの気候が一番

気持ちが穏やか過ごせますよね。

これがずっと続いたらいいのに…。

(↑冬はいいけど夏は嫌)











閑話休題。












最近「花」の話しばっかりしてますが、

決して仕事が暇で散歩ばっかり

してるわけじゃなくて、

ただ今新商品の

制作真只中過ぎて、中途半端すぎて

お伝えすることができないのですよ。

も少ししたらいろいろ新しい手織り商品の事も

触れられると思うので、

少々お待ちを。




なので、そして今日も「花」の話。(←結局かよ)

今日はつつじ。

IMG_5598.jpg


今年はつつじの花が色鮮やかな姿が

あちこちで見られて華やかでしたね。

写真は善徳寺さんの真っ白つつじ。

もう城端では時期が終わってしまいましたが、

例年よりも色が濃い力強い姿が

車で道を走ると彼処で見受けられて

つい見蕩れてしまいましたよ。



昔はつつじの日本の古臭い野暮ったさが

あまり好きではなかったのですが、

やっぱり日本人ですね。

年取ったらつつじの魅力にはまってしましました。



今年はどこかしこも見事なこともあって

つつじブーム到来の春でした。


加えて先日、

テレビを見ていたら

イタリアのミッソーニというお洋服のブランドの

デザイナーさんのお家の大きなお庭に

ピンクと白の見事なつつじが植わっていて


( ゚∀゚)< ファンタスティック!!!!

(↑それは英語だ)

って思わず嬉しくて叫んでしまいましたね。



漢字で書くと「躑躅」とかなりゴツイ字で書く

いかにも日本でよく見られるつつじが、

ヨーロピアンなお庭に咲いてる姿は、

いつにも増して嬉しかったし、

美しいと思ったのですよ。




もちろん日本で咲いてるのが

一番似合うけどね。

特に田舎。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://oriakata.blog105.fc2.com/tb.php/786-2fa3fde6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。