おりにっき

じょうはな織館スタッフが綴る日々の出来事

全然気にしてないよ。

私はボールペンの

「ボール」のような慎ましさで

生きていたい。

(↑え?!ボールってここ?!?!ってぐらい小さいのに彼がいないと成り立たないボールペン)













みなさまおはようございます。

本日の城端は


晴れ


で、ございます。

昨日はお昼過ぎから吹雪いたりして

ビックリしましたが、

今日は良いお天気で昨日積もった雪も

あっという間に溶けそうです。

このまま暖かい陽が続けば何とか

来週末の桜まつりに間にあうかしら。

(↑善徳寺のしだれ桜は無理かもしれんけど…)










閑話休題。














平成24年度

城端曳山祭のポスターがあがってきましたよ。

5月4日(金曜祝日)は宵祭り、

5日(土曜祝日)が本祭りです。

IMG_2348.jpg

光が反射してて見にくいですが、

今年の一番山は大工町さんの「千枚分銅山」です。


写真は巡行の見せ場のひとつでもある、

曳山の屋根が狭い道を通るために

パカッっとひと畳みしちゃってるところですね。


とってもかわいいですね。(←?!)


今年もまたあの神様の御声が城端に響きます。

高い音とも低い音とも言えない、

荘厳で深みのあるあの音が大好きです。


とっても大きな音なのに不思議と全然うるさくない。

泣いてるようにも、叫んでるようにも、

笑ってるようにも聞こえる神様の声。

そして寄り添うように混ざる庵歌の声。



また聞けるのか思うと

とっても楽しみです。



今年はゴールデンウィークのちょうど半ばになります。

皆様、ぜひ芸術が緩やかに流れるような、

美しい城端のお祭に足をお運びいただきたいと思います。

皆様の来場を心からお待ちしております。



( ゚∀゚)ノ~











あと、別に気にしてないけど

ポスター小っちゃくなったね…。

(↑去年はA1サイズだったのになぁ…)

(↑いや、別に気にしてないけどさ…)

(↑いや、ほんとに)


スポンサーサイト

Comment

まゆりん says... "若いのにね。"
曳山祭りの良さを、その若さで既に解っている貴女に脱帽!!
なぜなら、私がこの祭りの良さに気付いたのは、ギリギリ30歳くらいだったような気がする。
私のそれまでは、ギュウギュウゆうて動くもんの後ろに、何やらオッサン達が辛気臭い歌歌う屋台が付いて行く・・・なんなんやろ?周りのオヤジたちは、それを見て喜んでいる。意味わからんわ。とか思ってたからね~。
今思えばナント罰あたりな。。。
ここで今取り敢えず謝っておきます。ごめんなさい。
後日公の場で謝ります。
城端曳山祭りは世界の宝物です!!!
2012.04.09 03:34 | URL | #- [edit]
oriyakata says... "Re: 若いのにね。"
> 曳山祭りの良さを、その若さで既に解っている貴女に脱帽!!
> なぜなら、私がこの祭りの良さに気付いたのは、ギリギリ30歳くらいだったような気がする。
> 私のそれまでは、ギュウギュウゆうて動くもんの後ろに、何やらオッサン達が辛気臭い歌歌う屋台が付いて行く・・・なんなんやろ?周りのオヤジたちは、それを見て喜んでいる。意味わからんわ。とか思ってたからね~。
> 今思えばナント罰あたりな。。。
> ここで今取り敢えず謝っておきます。ごめんなさい。
> 後日公の場で謝ります。
> 城端曳山祭りは世界の宝物です!!!


小さな頃は私もギュゥギュゥうるさい曳山だし、乗ってる神様の顔は怖いしで、
曳山祭りは好きじゃありませんでした。
でも、京都に行って祇園祭のお世話をしたときに、
初めて城端曳山祭のよさを知りました。
他にないほど豪華な曳山なのに、
これほど荘厳で秩序立ったお祭りは世界に一つです。
祇園祭はお囃子の演奏する姿をこれ見よがしに見せるところが、
城端人にしてみれば野暮で無粋です(笑
2012.04.09 10:45 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://oriakata.blog105.fc2.com/tb.php/759-deddb6ae