おりにっき

じょうはな織館スタッフが綴る日々の出来事

滅私奉公の勢いで。

今年の夏、織館のぎゃらりーで

特別展を開催することになった作家さんが、

私が中学の時の担任の先生だ。

(↑世間は狭い、おっかない)










みなさまおはようございます。

本日の城端は





で、ございます。

日本で一番雨が降る県は富山です。

晴れの日が2日程度しか続かないっていうのを

改めて考えてみると、なんとなく納得。


雪はだいぶ溶けましたが

外を歩くと風が冷くて寒いですね。

体が冷えたらぜひ織館のコーヒーで

温まるといいと思います。

(↑あからさま宣伝)











閑話休題。











城端織物共同工業組合さんが

創設100年を迎えられ、

『城端織物の歩み』という記念誌を作られました。

IMG_2076.jpg


先日じょうはな織館にも一冊いただきまして、

軽く読ませていただいたのですが、



( ゚∀゚)< ぎゃーー!!!!城端!!!城端!!!城端の事ばっかり書いてある!!!!うひょーーー!!!!!昔の写真もたくさん載っててステキ!!!!!ああっ!!!!なんて愛くるしい城端!!!!おお!!!!機織りしながら歌ってた歌の歌詞とかも書いてある!!!!そしてかわいい!!!!!好き!!!!もうっ!!!!ああっ!!!!く、苦しい!!!!好きすぎてっ!!!!なんて攻撃力の本なんだ!!!!はぁ!!!!ううぉ!!!!!もうっ…!!!!LOVE!!!!!

(↑変態です。近づいてはいけません)


ってぐらい城端マニアの私としては

とても素晴らしい一冊で、

わたくし、ただ今感動真っ最中なのでございます。

IMG_2069.jpg

装幀に使われてる生地にはよく見ると

細かい金糸が織り込まれていて、

上品なキラキラがとても美しいのですよ。



( ゚∀゚).。oO( ステキだなぁ…



と思ってたら城端の織物の会社

西川産業さんで作られた生地だそうな。


…さすがです。



IMG_2070.jpg


じょうはな織館の事もたくさん書いてありまして、

その中に「象徴」という言葉がありました。

昔もそして今もこの会館は

城端織物の象徴なのだそうです。





( ;∀;)





泣きました。

大切にしようと思いました。

この場所にかけた思いも、何もかもを

今までよりずっと、好きになりました。



城端のために織物と一緒にいられることが

幸せだなぁと思ったのです。


この場所とこの風景を残すために

身を粉にすることが

私のうれしさにつながります。



がんばりますよ

私は。

どうか見ていて下さいね。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://oriakata.blog105.fc2.com/tb.php/743-8edf0388