おりにっき

じょうはな織館スタッフが綴る日々の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪解け山に双子の名残

蛍をたくさん見ました。

感激しました。

(↑久しぶりにあんなに見た)






みなさまこんにちは。

本日の城端は、


曇り


で、ございます。

朝はまだ晴れていたんですけど、

だんだん外が暗くなってきました。

雨が降るのかな??

(↑私の天気予報は全然あたらない)










閑話休題。








以前紹介したことがある

合唱曲むぎやの歌い出しに



山と谷間の雪人形

手をつないだ雪人形




という歌詞があります。

この雪人形というのは、

雪だるまの事ではなく、

雪形の事です。
(雪形:岩肌と積雪が織り成す模様ののこと)







南砺市五箇山に

人形山(にんぎょうざん)という山があります。

春が過ぎての田植えの季節、

この山に残る残雪が

手をつないだ人形のように見える事から

この山の名前が付いたと言われています。


そして、五箇山地域には

この人形山にまつわる悲しい伝説(昔話)があり、

アニメまんが日本昔ばなしでも

「人形山」というエピソードとして放送されました。

それがこちら…



このお話に出てくる温泉は

五箇山荘

の温泉だと言われています。

そして、

実際の人形山がこちら、


yukigata_ningyo.jpg

手をつないだ姉妹に見える?…かな?



合唱曲「むぎや」にはこんな歌詞もあります。





雪がとける 雪がとける

山合いの雪人形が手をはなす







なんで昔の人って

言葉に出来ないせつないさを

こうもうまく創り、表現するのでしょうか。















情緒豊かすぎて困るわ…。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://oriakata.blog105.fc2.com/tb.php/606-db46a7a2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。