おりにっき

じょうはな織館スタッフが綴る日々の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと良い話。

今年の年末の大掃除を

悔いの残らないものにするべく、

ここ最近は普段から

手を付けない所を少しずつ

掃除してます。




そんなことをしてると、

普段気付かなかったいろんな

新発見もあるのでとっても楽しい。

昨日のドングリだってそうだしね。



そして今日はこれ、

DSCF2339_20101219105249.jpg

縫製の糸やら、サンプルやら、ビーズやら、

いろんなものが入れてある

毎日使っている棚の横の方に




『繊協富山繊維製品検査所』




の文字。



これは多分、じょうはな織館が昔、

「城端絹織物組合事務棟」だった頃、

当時の2階にあった織物の検査場で

使われていたものだと思います。



普段から古そうな棚だなぁ

とは思ってはいましたが、

普段見慣れてる風景から、

改めて物だけを切り取ると、

それがすごく愛おしくなるのが不思議。


埃を掃ってやれば、

その辺の新しく買った机や椅子より

ずっと輝いて見えるのも

これまた不思議。



人と物は違いますが、

長く存在し続けるものと、

一緒に年をとれるという事は、

幸せな尊い事だと

掃除しながら思ったので、

この棚はこれからも大切に使う事にしました。














スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://oriakata.blog105.fc2.com/tb.php/471-ebad0341
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。