おりにっき

じょうはな織館スタッフが綴る日々の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切ない香り。

今日は雨です。

でも、

雨に混ざって

金木犀の香りがほんのり

してきます。



織館に金木犀は無いので、

きっとどこかのお家の金木犀の香りが

館内にまで届いて来ているのでしょう。



仕事しながらアロマリラクゼーション状態です。




私は金木犀の香りが大、大、大好きです。

金木犀の香りを嗅ぐ時は

花に鼻をくっつけて嗅ぐので、

後で、花が鼻から出てくるという

災難を毎年ひき起こすくらい好きです。


でも、ちょっと痛いです。







あの香りが年中してればいいのになぁ……。

でも秋の季節にしかしない香りだから、

こんなにも魅力的なのかもしれないなぁ……。





スポンサーサイト

Comment

つかぽん says... "匂いと記憶"
あの匂いを嗅ぐと、小学校時代と大阪にいた頃の駅へ向かう道を思い出します…

どちらも懐かしい
2010.10.04 12:44 | URL | #mQop/nM. [edit]
oriyakata says... "Re: 匂いと記憶"
> あの匂いを嗅ぐと、小学校時代と大阪にいた頃の駅へ向かう道を思い出します…
>
> どちらも懐かしい


たしか「匂い」がそれにまつわる記憶を呼び覚ます事を
プルースト現象と言ったはず……。(違ったかな??)
脳の中の古い記憶を処理する場所と匂いを処理する場所が同じだから、
そういった事が起こるらしいですよ。
あとその時の感情も思い出すらしいです。

金木犀の香りが切ないと私が思うのは、
何か昔、切ない事が秋にあったのでしょうけど、思い出せません。
脳欠陥??(;゚Д゚)


2010.10.04 16:41 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://oriakata.blog105.fc2.com/tb.php/410-90ea2857
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。