おりにっき

じょうはな織館スタッフが綴る日々の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しつこくむぎや祭ネタ3.

しつこくしつこくやります。

今日もむぎやネタ。

本日は、むぎやの歌についてのこぼれ話。



城端むぎや祭で歌われている民謡の一つ、むぎや節は、

五箇山民謡の代表でもあり、全国的に知られています。

最近は、じゃんとこいむぎや

などで、現代風にアレンジされたりしてます。


が、

みなさんは、


合唱曲『むぎや』というものを聞いたことがありますか??

私は存在自体は知っていたのですが、

歌っている所を見たことも聞いたことも

ありませんでした。

先日、




(΄◔◞౪◟◔`) .。oO(そういえば…。むぎやの合唱曲っていうのがあったような???




と、思い出し、調べてみると、

なんと、最近この合唱曲『むぎや』が、

全国各地の中学校の合唱コンクールで、歌われており、

そして、この『むぎや』を歌ったクラスは、

最優秀を貰える確率が極めて高いことのこと。





(΄◉◞౪◟◉`)?!




な、な、なんとうれしい情報。

『むぎや』が合唱曲によって、

全国の若い人たちに衆知されて来ているなんて……。




これは一度聞いてみたいと思い、

音源を探してみました。




……。


聞き終わってまず、



(;゚Д゚)…こ、これを中学生が歌ってるのか……

さ、最近の中学生はレベルが高いな……。



と、思いましたね。




こういった、女声と男声の掛け合いが多い曲の場合、

お互いの声部を聞き合う事を意識しないと、

パートのバランスが崩れてしまい、いい響きにならず、

曲全体のまとまりも無くなってしまい、

聞いていても面白くない曲になります。



しかも、男声のテノールの、

「イナーアイナ エイナー イナー」

という所がとっても高い音なので、

変声期を経たばかりの中高生にとっては

大変だと思います、本当に。



ですが、合唱曲の力強さの中に、

素朴な民謡の雰囲気が満ちた曲で、

とても魅力的です。


中学生の若い力強さと、

集中力をフルに活かせれば

とても素晴らしい音楽になると思います。





城端中学校で歌ってくれないかな……。

いつか生で聞いてみたい……。




スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://oriakata.blog105.fc2.com/tb.php/408-d7ac5650
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。