おりにっき

じょうはな織館スタッフが綴る日々の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また来年。

9月18日、19日、20日、

第60回城端むぎや祭り

無事終了しました。




祭りが終わって1日目、

祭りの余韻がまだ体に残っていたのか、

遠くでむぎや節の音が聞こえたような気がして

朝、目を覚ました。

(↑幻聴)





いろいろ困ったことも多々ありましが、

今年もむぎや祭りは

いいお祭りでした。

本当に、とっても、です。





18日、19日はお天気にも恵まれ、

朝から西町通りは人、ひと、ヒトでいっぱいになっておりました。

DSCF1861.jpg

城端小学校じゃんとこいジュニアの踊り子たちです。

元気いっぱいの踊りにパワーをもらいました。

ありがとう。

DSCF1869.jpg

じゃんとこいは、みなさん笑顔で踊るところが好きだなぁ。

60周年を祝うかの熱気にとてもうれしく感じておりました。



2日目の正調は、織館が忙しく、

外に様子を見に外へ行くことができませんでした。

残念……無念……。





3日目は朝から寒空の雨が降ってポスター販売の列に並んでおられた方は、

大変だったと思います。

朝から並んでおられた事の疲労と、雨の肌寒さで風邪を引いた方が

おられるんじゃ無いかと心配しております。


このままだとお昼から始まるむぎや街流しは中止になるかな。

と、思っていたのですが、お昼前には雨も上がり、

そのあとはすっきりとしない空で肌寒さが続きましたが、

大きな雨が降ることもなく無事お祭り幕切れを

迎えることができました。



例年以上のお客様の数に、あまりお祭りの様子を見に行くことが

できなかったのですが、

仕事終わりにいった最後の総踊りの様子は、

あぁ。いいお祭りだったんだなぁ。よかった。よかった。

と、やっと一安心できる温かい光景が広がっていました。

DSCF1885.jpg

大きな汗をかきながら美しく勇ましく踊る姿は、

まさに、むぎや武士。




………。





今のところは笑うところです。



DSCF1871.jpg

毎年より1日だけ多かった今年のむぎや祭りは、

毎年よりそんなに変わらなくて

毎年のようにとてもいいお祭りでした。








ありがとうございました。




また来年。








スポンサーサイト

Comment

says... "No title"
本当にお疲れさまでした。

色々と難しい局面もあったと思います。しかし、よく頑張られたと思います。

来城された方々に織館のスタッフさんをはじめ、城端の方々の真心は充分に伝わったと思いますよ。

これからもお身体に気をつけて頑張ってください
来年のむぎや祭も楽しみです
2010.09.21 18:24 | URL | #OARS9n6I [edit]
通りすがりの人 says... "No title"
城端へは過去2度訪問してますが、今回初めてむぎや祭を見させて頂きました。
初日と二日目の参加でしたけど、じゃんとこいやむぎや踊りにむぎや節、総踊り、どれもすごく楽しめました。
城端の町全体が祭を盛り上げてるのが感じられて、それだけでも良いお祭だとわかりました。

お土産に買った携帯orデジカメ用小物入れ(?)は母に好評で、早速デジカメ用ケースにしてましたw
ポスターも二日目にギリギリでしたけど無事購入できました。

今年はポスターの販売もあり例年にない忙しさだったと思います。織館のスタッフの皆様、お疲れ様でした。
来年は、曳山とむぎやの両方を見に行こうと思ってますので、そのときはゆっくりと織館でお茶を頂く予定ですw
2010.09.21 20:16 | URL | #- [edit]
広坂兼六 says... "No title"
いろいろございましたが無事の終了何よりでした。
むぎや祭の間はとにかく各会場を歩き回りますんで織館さんでいただくアイスコーヒーが良い小休止です。
帰り際の締めは「みずぐちコーヒー」でしたが。

あれだけ疲れるとあの甘さは沁みました。
2010.09.21 22:01 | URL | #mgYVv8Vc [edit]
komi says... "楽しみました。"
3日間の開催、本当にお疲れさまでした。例年にないポスター物販も大変だったかと。どちらでも可愛い絵柄と好評で、一回限りであるのが若干惜しまれもします。
稀に見る猛暑の折、期間中は程よい気候で雨にもほぼ祟られず、良かったですね。貴店で今回はアイスグリーン調のポーチ(注意書きに天然素材ゆえ天候で色調が変化する事ありと、不思議ですね)と、このブログにもあった名刺入れ(青-紫基調にも複雑な文様で綺麗です)を購入しています。今までで一番素敵な品物でした。
ここに書くのが適所であるかはわかりませんが、お祭りで気づいた事を申し上げますと、
(1)パンフレッドにも断り書きがある事ではありますが、街並み踊りが、昼-夕刻にかけては必ずしもタイムテーブル通りに行われなかったようです。この手のお祭りは、やはり宵にかけてからが本番ゆえでしょうか。あるいは演者の、会場間の移動スケジュールがタイトなのでしょうか。ギャラリーとしても坂の多い街をかなり移動しますので(おわらほどではないですが)、行って引き返す事になるのは健脚でないとややつらい面はあります。細かい事はいざ踊りが始まってしまうと、その素晴らしさで吹き飛んでしまいますが、一応書き記す事にします。結果的には、新会場も全て廻って、大変楽しめました。西新田の会場は、3日目は駐車場が無料なので車で移動出来たのが、結果的に助かりました。
(2)昨年景観の試みで一回取り払われた、別院会場のテントは、今後もあったほうが良いかもしれません。もし従前の猛暑のままで祭りを迎えていたら、熱中症が多発したと思われます。全体的にあまり「避難場所」がない状況ではありますので。
それでは、来年以降も楽しみにしております。
2010.09.22 19:01 | URL | #DDUGuZdo [edit]
oriyakata says... "Re: コメントのお返事です。"
> 本当にお疲れさまでした。
>
> 色々と難しい局面もあったと思います。しかし、よく頑張られたと思います。
>
> 来城された方々に織館のスタッフさんをはじめ、城端の方々の真心は充分に伝わったと思いますよ。
>
> これからもお身体に気をつけて頑張ってください
> 来年のむぎや祭も楽しみです


有り難いお言葉、本当にありがとうございます。
「来年も」の言葉がなによりものこれからの力になります。がんばります。


> 城端へは過去2度訪問してますが、今回初めてむぎや祭を見させて頂きました。
> 初日と二日目の参加でしたけど、じゃんとこいやむぎや踊りにむぎや節、総踊り、どれもすごく楽しめました。
> 城端の町全体が祭を盛り上げてるのが感じられて、それだけでも良いお祭だとわかりました。
>
> お土産に買った携帯orデジカメ用小物入れ(?)は母に好評で、早速デジカメ用ケースにしてましたw
> ポスターも二日目にギリギリでしたけど無事購入できました。
>
> 今年はポスターの販売もあり例年にない忙しさだったと思います。織館のスタッフの皆様、お疲れ様でした。
> 来年は、曳山とむぎやの両方を見に行こうと思ってますので、そのときはゆっくりと織館でお茶を頂く予定ですw


ご来城ありがとうございました。
楽しんでいただけたようで私もうれしいです。
そして、デジカメケースご購入ありがとうございます。喜んでいただけたお母様もですが、
そのご報告をしていただけた事にとても有り難くうれしい気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。
来年もゆっくりできるお茶をご用意してお待ちしておりますので、
ぜひまた、城端を楽しんで行ってください。


> いろいろございましたが無事の終了何よりでした。
> むぎや祭の間はとにかく各会場を歩き回りますんで織館さんでいただくアイスコーヒーが良い小休止です。
> 帰り際の締めは「みずぐちコーヒー」でしたが。
>
> あれだけ疲れるとあの甘さは沁みました


「みずぐちコーヒー」飲んでいただけたのですね!!!(゚∀゚ )
ありがとうございます!!!!
疲れた体と脳にまで、沁み込む甘さですよね。
でも、私はもう毎日飲みすぎてるので、普段はあんまり甘く感じなくなっちゃいました(笑


> 3日間の開催、本当にお疲れさまでした。例年にないポスター物販も大変だったかと。どちらでも可愛い絵柄と好評で、一回限りであるのが若干惜しまれもします。
> 稀に見る猛暑の折、期間中は程よい気候で雨にもほぼ祟られず、良かったですね。貴店で今回はアイスグリーン調のポーチ(注意書きに天然素材ゆえ天候で色調が変化する事ありと、不思議ですね)と、このブログにもあった名刺入れ(青-紫基調にも複雑な文様で綺麗です)を購入しています。今までで一番素敵な品物でした。
>

お買い上げありがとうございます。
織館で作った商品の事でそう言っていただけるのは、仕事冥利に尽きます。感無量です。
ブログやってて本当に良かったと思いました。ありがとうございます。
はた織のスタッフもとても喜ぶと思います。伝えておきますね。

ここに書くのが適所であるかはわかりませんが、お祭りで気づいた事を申し上げますと、
> (1)パンフレッドにも断り書きがある事ではありますが、街並み踊りが、昼-夕刻にかけては必ずしもタイムテーブル通りに行われなかったようです。この手のお祭りは、やはり宵にかけてからが本番ゆえでしょうか。あるいは演者の、会場間の移動スケジュールがタイトなのでしょうか。ギャラリーとしても坂の多い街をかなり移動しますので(おわらほどではないですが)、行って引き返す事になるのは健脚でないとややつらい面はあります。細かい事はいざ踊りが始まってしまうと、その素晴らしさで吹き飛んでしまいますが、一応書き記す事にします。結果的には、新会場も全て廻って、大変楽しめました。西新田の会場は、3日目は駐車場が無料なので車で移動出来たのが、結果的に助かりました。
>

今年度のむぎや祭は、どういった理由かはわかりませんが街並み踊りが、各出演地区が演舞場を巡回して踊るのではなく、ほぼ、一ヶ所の演舞場で何度も踊るというタイムスケジュールになっていたため、例年にない初の試みのスケジュールに各町内の出演の方々がスムーズに進行できなかった場面も多々あったと聞いております。そのため、今までは一つの演舞場で見ていれば、いろんな地区の踊りが楽しんでいただけたのですが、今回は来城のお客様に、街中を移動して各地区の踊りを観覧していただくという形になってしまいました。
お手際とご足労をかけてしまい、申し訳ありません。
この事は、城端むぎや協賛会にご報告させていただきまして、来年の城端むぎや祭開催のの参考にさせていただきます。ご協力ありがとうございます。

(2)昨年景観の試みで一回取り払われた、別院会場のテントは、今後もあったほうが良いかもしれません。もし従前の猛暑のままで祭りを迎えていたら、熱中症が多発したと思われます。全体的にあまり「避難場所」がない状況ではありますので。
> それでは、来年以降も楽しみにしております。


別院会場のテントは、今回のような猛暑までいかない気温であれば熱射病を防ぐ「避難場所」になるのですが、
猛暑以上の暑さにまで気温が上がると、外よりテントの中の湿度と温度が異常に高くってしまい、サウナ状態になり、以前テントの下で観覧していたお客様の中で熱中症が多発した事があるのです。昨年のテントの取り払いはそれを防ぐためというのも、理由の1つだと思います。
お天気とのご相談になってしまうので、このことに関してはなかなかどうするのが1番いいとは言えないのですが、今年度のむぎや祭りは、テントを張って正解だったようですね。よかったです。


2010.09.23 12:06 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://oriakata.blog105.fc2.com/tb.php/402-06254f50
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。