おりにっき

じょうはな織館スタッフが綴る日々の出来事

城端らぷそでー

もう一カ月以上前の話なのですが、

3月3日~3月15日の北日本新聞一面に

『城端ラプソディー』という特集が毎日掲載されていました。



城端という町の魅力をアニメという新しい文化を初めとして

読み解いていくという特集でした。


掲載されてからだいぶ経ちましたが、

全部の記事をじょうはな織館で読めるように

まとめて冊子にしておきました。


らぷそでー


全部で13回にわたるこの特集を

一通り読んで、

とにかく私は『嬉しい!!』の気持ちでいっぱいでした。


私が城端っ子だから特別そう思ったのかも知れませんが、

城端という町の事を暖かい文章で伝えてくれる人がいて、

それを読んでくれる人がいて、

城端に魅力を感じてくれた人がいる。

それが色んな意味で嬉しかったです。



織館にお越しになられた際、
もし良かったらゆっくり目を通して頂ければな、と

思っております。



城端ラプソディーとは別の関連記事なんかも

ちょこっと載せておきました。

関連記事







スポンサーサイト

Comment

めがねきらり says... "素敵な冊子ですね"
昨日は色々ありがとうございました。
あまりにも難易度が予想よりはるかに上をいってたので驚きましたがとても楽しかったです(笑)

城端ラプソディーは私もとても楽しみにしてました。
読んでいて城端の皆さんの温かさやtruetearsのファンの方々の想いなど色々伝わった感じがします。
そしてより一層城端の街が好きになりました。

こちらの冊子、もしかして高垣さんの色紙の横に置いてあったのでしょうか?
ちょっと不確認だったので今度伺った時に見てみたいと思います。
2010.05.01 10:15 | URL | #XVgCdbeE [edit]
oriyakata says... "Re: 素敵な冊子ですね"
> こちらの冊子、もしかして高垣さんの色紙の横に置いてあったのでしょうか?
> ちょっと不確認だったので今度伺った時に見てみたいと思います。


そうです!!色紙の横に置いてあったやつです!!!
下駄箱の上に色紙と冊子を置いておくと、曳山祭りの時に少し混雑しそうだったので、
受付の前に色紙も移動になったのです。

表紙が真っ白なので分かりにくかったかもしれませんね。
お祭りまでには表紙もにぎやかに何か書きたいと思っておりますので、
こんど来館された際には是非見てみて下さい。



2010.05.01 13:06 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://oriakata.blog105.fc2.com/tb.php/269-677c2d27
城端ラプソディー
true tears好きの方の間では少し有名な北日本新聞の集中連載「城端ラプソディー」。P.A.Worksを軸に城端の街の魅力を切り取っていく企画でした。 ...