おりにっき

じょうはな織館スタッフが綴る日々の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これが、城端マジックだ!!!!

いきなりですが、

城端でふぐの事件があったのは記憶に新しいでしょう。
このことを思うと私も、
きっと城端の皆さんも心苦しいです。

この事件は悲しい事に他ならない事件でした。



が、しかし!!



とっても、とっっても
もう泣きそうになるくらい
うれしいことがありました。




11月30日の午後、一人のお客さんが
じょうはな織館に織体験をしに来館されました。

まだ若い20代の男性でした。

( ゚∀゚)…(若い男性の方が一人で織体験なんてめずらしいなぁ~。

織体験のコースを説明しているととっても
機織を楽しみにして来館された様子で、
高機コースにしようか卓上機コースにしようか
とっても悩まれていました。

( ゚∀゚)…(こんなに楽しそうに悩まれると
           なんかこっちまで楽しくなるなぁ~。

卓上機コースに決定されて、
織りの説明しているときも
なんだかとっても楽しそう。

( ゚∀゚)…(うれしいなぁ~

それから30分も経たないうちに
12cmの長さを織りあがられて、
最後の仕上げをしながら
少しお話をしました。

( ゚∀゚)<何かの取材でご来館されたのですか?

( ・_ゝ・)<??… どうしてですか?

( ゚∀゚)<若い男性で織体験なさる方って珍しいもので…。

( ・_ゝ・)<実は、先日のふぐの事件で取材に来ていて
       今日は、その打ち上げとして城端を観光してるんです。

( ゚∀゚)<!!

( ・_ゝ・)<でも今日はとっても楽しかったです。
         いい思い出ができました。ありがとうございました。

( ゚∀゚)<!!!!!!











仕事で城端に来たとはいえ、
決していいイメージのしない事件がおこった
この町を観光して、いい思い出が出来たとまで
言ってくださいました。




。・゚・(ノД`)・゚・。




涙が出るほどうれしかったんです。


こんな記事を書くのは不謹慎かも知れませんが、
どんなことがきっかけであれ、

来てもらった人に楽しい思い出を
残して帰ってもらう。

城端という町はそういう魅力を持ったところなんだ。

改めて再確認できたことが何よりうれしい事でした。


アリガトウ!!












スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://oriakata.blog105.fc2.com/tb.php/168-bb2380a0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。