おりにっき

じょうはな織館スタッフが綴る日々の出来事

今は越路の柚刀。

本格的な秋が始まりましたね。

(↑空気が違う)

(↑気がする)









みなさまこんにちは。

本日の城端は


うす曇り


で、ござます。

IMG_9105.jpg

少し肌寒い風が

季節の変わり目を色濃く街を感じさせる

空気で包んでおりまして、

なんだか寂しいのと、切ないのと、

嬉しいのと、満足なのと、何もかも混ざって

今日はなんだか


( ゚∀゚)< 疲れたーーーー!!!


って感じです。

さて、

なんでこんなに疲れてるのかといいますと、

一昨日、昨日と

城端むぎや祭が行われ

城端のまちなか、織館ともに

とても賑やかな2日間を過ごしておりました。


( ゚∀゚)< 2日目の方が人は多かったですね!


どちらの日もお天気が良好で、

毎年、むぎやの当日は雨雲レーダーと

にらめっこしながら過ごす事が多いのですが

今年は天気予報を

全く見ることも必要ないくらいの

快晴でした。

IMG_8997.jpg


( ゚∀゚)< これは一日目の写真。


お日様が出つつも、

程よく風があって日陰に入れば

すぐに涼むことができるくらい

過ごしやすい日だったので

IMG_8968.jpg

お祭りを走り回りながら楽しみつつも

出番に上がる女の子たちも


( ゚∀゚)< 汗で化粧が落ちてない!!


可愛らしいお顔がさらに可愛らしいお顔で

最後まで見ることができましたね。

IMG_8969.jpg

( ゚∀゚)< 口紅は見事に落ちてるけどね!

(↑屋台で食べたり飲んだりするから)

(↑それがまたかわいい)


そして私は、

久しぶりに生のむぎやを

1つの町だけでしたが一通り

見ることができてだいぶ感動。

IMG_8986.jpg


( ゚∀゚)< 仕事さぼってちょっと外へ出てきてみてよかったーーーーー!
(↑よくない)

IMG_9002.jpg

男衆は力強く。

IMG_9034.jpg

女性踊りは色っぽく。


( ゚∀゚)< たまんねぇな。こりゃ。


IMG_9013.jpg

野下町の演目しか見られなかったので

完全に贔屓が入ってますが、

私が踊り子として出演してた頃より

踊りながらのフォーメーションとかが、

ずいぶん凝った演出になってましたね。


( ゚∀゚)< エンターテイメント性高けぇな!!!


伝統のむぎやと言えど、

少しずつ毎年進化してるのですね。





そして、





肝心のじょうはな織館ですが、

今年は

無題

織館の前をオムそば屋さんとケバブ&トルコアイス屋さんに

挟まれてとても厳しい(←腹が減る)営業環境で

お祭りを過ごしておりました。


( ゚∀゚)< ケバブのスパイシーな香りがね!もう!!


1日目も2日目もたくさんのお客様で

賑わいまして、

スリッパが足りなくなるんじゃないかと

ヒヤヒヤしながら仕事をしておりました。



そして、今年も年齢層関係なく

織館でコーヒー飲みながら

持ってきた立派なカメラの写真を

真剣な面持ちでチェックする方々の光景が

見事に広がりまして、これを見てたら、



( ゚∀゚)< おおぉ…祭りやなぁ…



と一人で感慨深くなったりしてました。


ご来館くださいました皆様にはこの場を借りて

お礼申し上げます。

新しくした紙袋の紐部分が


( '∀')< かわいいですね


と、声をかけて下さるのがとても嬉しく。

その度に忙しいひと時の励みになりました。

本当にありがとうございました。


( ゚∀゚)ノ< またのご来館を心よりお待ちしております!


そして、



( ゚∀゚)< 祭のフィナーレ!



夜9時までの延長営業を終え、

西町商店街ですでに始まっている、

城端むぎや祭最後のプロクラム

総踊り

に参加すべく急いで移動。



道路の真ん中にあるやぐらを囲んで

地元の人も観光客も

みんな混ざって踊る、踊る。



( ゚∀゚)< おおぉ!なんか人が多くないか?!去年雨降って中止だったからその分かな?!



今年のむぎやを締めくくるべく

さっそく私もまぜていただきましたよ。

20140915104337af6.jpg

(↑真ん中の猫背がなのが私です)

実は

今年は三味線で

総踊りに参加してたのです。


1年ほど前から習い始めまして

この日が初めての舞台(←?)で

三味線デビューだったのです。



( ゚∀゚)< ひっさしぶりにこんなにワクワクしたわ!!


肝心の出来栄えは

三味線の演奏うんぬんより、

1年で一番忙しい日の仕事を終え

もうひと風吹けばサラ~っと灰になるんじゃないかって

ぐらいの疲労困憊の体を支えるその足で

やぐらへ上がって正座してしまったもんだから



( ゚∀゚)< 足がしびれて演奏どころじゃありませんでした!



20140915104337af6.jpg
(↑足がしびれて耐えるのに必死な後ろ姿)


ものの5分弾いたくらいでもう

自分の足の事しか

考えられなくなったので、私の奏でる

むぎや節feat.足のしびれ

のメロディーに

合わせる唄方の方も大変だったと思います。



( ゚∀゚)< ご迷惑かけて本当に申し訳ありませんでした!


舞台に上がる時はそれなりの

準備をしておかないとダメですね。


( ゚∀゚)< 足のしびれの修行は一体どうやったらできるんだろう


やっぱり痩せるとかしか

ないのですかね。



まぁそんなどーでもいいことは

放っておいて、



今年も最後までいろいろありました

城端むぎや祭り。


( ゚∀゚)< ホントどうなるかと思ったけど、楽しかった~!!


出演者の方々、世話方のみなさま

そして、ご来城下さった皆様が

楽しいひと時として

城端むぎや祭を過ごして下さった事を

心から願います。


20140915164136eb7.jpg



総踊りに参加して


( ゚∀゚)< 今ここにいる皆が心からむぎやを楽しんでいるんだな~


と、伝わる、

そんな嬉しい空気包まれて

演奏できたのが私個人にとっても

何にも変え難い大切な思い出となりました。


20140915163534937.jpg


ではでは、

むぎや祭関わって下さったすべての皆様に

お礼を申し上げまして、



( ゚∀゚)< ありがとうございましたーーー!



また、この場所で

お会いできるのを楽しみに






また来年。



スポンサーサイト

Comment

通りすがりの人 says... ""
今年は天気が良くて素晴らしい祭日和でしたね。
おかげで去年は雨で見ることが出来なかった町並み踊りも今年は存分に楽しむことが出来ました。
それにしても今年は人が多かったような気がしました。
織館のスタッフの皆さん、お疲れ様でした。

坡場の坂の写真ですが、野下町さんだったかな?
坂の下り側にある電柱の辺りで自分も見てましたw
2014.09.16 21:19 | URL | #- [edit]
oriyakata says... "コメントのお返事です。"
> 今年は天気が良くて素晴らしい祭日和でしたね。
> おかげで去年は雨で見ることが出来なかった町並み踊りも今年は存分に楽しむことが出来ました。
> それにしても今年は人が多かったような気がしました。
> 織館のスタッフの皆さん、お疲れ様でした。
>
> 坡場の坂の写真ですが、野下町さんだったかな?
> 坂の下り側にある電柱の辺りで自分も見てましたw


今年は2日間とも観光客の方々が多かったですね。
気持ちの良いお天気の元で聞くむぎや節のメロディーは
とても心地よいものでした。

野下町の演目を丁度一緒に見てらしたのですね。
外へ出て行けたのはあの祭2日間で
あの20分しかなかったのですごい偶然!
野下町は演者さんの人数が多いので
迫力があって見応えばっちりでしたね。

むぎや祭が終わって冬を越せばすぐに曳山祭りです。
また城端でお会いできるのを心からお待ちしております。
コメントありがとうございました。
2014.09.18 10:35 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://oriakata.blog105.fc2.com/tb.php/1084-ad24f8ed