おりにっき

じょうはな織館スタッフが綴る日々の出来事

変わらずに。

除雪終わりの人が室内に戻ってきて、

もしその人のメガネがめっちゃ曇っていたとしても

決して笑ってはいけません。

(↑万が一の場合死に至ります)











みなさまこんにちは

本日の城端は

曇り時々晴れ

で、ございます。

寒さも少し和らぎまして、

昼間は久しぶりの青空もを仰げる時間が

少しだけでしたがあって、

気持ちも和わらいだような気がしました。











閑話休題。












先日、やけに冷える夜の城端を

徒歩で帰宅しておりましたら、

すべってこけました。







( ゚∀゚)< そりゃもう盛大に。




久しぶりに中を舞う

自分の両足を見ましたよね。

小学校の時の鉄棒の

坂上がりの練習以来?(←できなかった)








分かりやすく書くとこうです。








写真 2014

それは見事な

すってんころりんですわ。






大人の人が地面に倒れるって相当

ダイナミックな光景で

すごい恥ずかしい事だと思うのですが、

周りに人っ子一人いない時に

滑って地面に横たわってしまった時の

人のリアクションというのは




( ゚∀゚)< クソっっ!!




でしたね。

苛立ちですね。

1番に苛立ちでした。




寒い夜、自分の帰り道に突如の氷の舞台。

鮮やかに宙を舞う自分の足に、

幼いころ、ブランコに乗って見ていたあの小さな足と、

その後ろにどこまでも広がっていた優しい青空が頭をよぎる。

あぁ。私は大きくなったのだ。

お気に入りだったあの小さな靴はもうどこにもない。

あぁ。私は大人になったのだ。

けれどあの時に見た優しい青空は

変わらずにいつでもここで私を見守ってくれている。






なんだこれ歌かな?







( ゚∀゚)< イラっとしすぎて現実逃避です。





幸い

寒い外を歩くために

めちゃめちゃ防寒してまして、

分厚いコート2枚重ねて来て、

背中にリュックをしょっていたので、

驚くほど衝撃を吸収したみたいで

体は全然痛くはなかったです。



が、

またしばらく歩いていると

左手の親指の付け根が

ジンジンと痛くなってきました。

きっと滑って転ぶ寸前に

手を付いてしまったのでしょうね。




( ;∀;)< うえ~ん。痛いよ~。さむいよ~。




色々な意味で心も身体も冷え切って

家に帰り、湿布はどこにあったかなぁと

思い出しながら鞄を下ろしていると

大きな封筒が目に入る



( ゚д゚)ハッ!



IMG_1945.jpg





( ゚д゚)ハッ!





19450.jpg



( ゚д゚)< 郷土検定の合否が来てる!!!




でも私は中を見る前に気づいてしまったのです。

この封筒。


IMG_1947.jpg

めっちゃ透けてる。




( ;∀;)< 未来の不幸がスケスケだーーーー!!! 




薄々は気づいてましたし、

覚悟はしてましたが

まさか仕事帰りで滑って転んだついでに

郷土検定が滑って落ちてるとは思いませんでしたよね。




( ゚∀゚)< まさかの2重オチ。



IMG_1950.jpg


ということで(←?)

じょうはな織館は

昨日の最終営業日、そして

今日の大掃除を終えまして、

今年のお仕事もすべて無事終了致しました。



2014の最後の日記に

あまり良いことが言えなくて申し訳ありませんでした。

その分今年に悪いことを仕舞って、

来年は良い事尽くめになるよう、

楽しいおりにっきをみなさまにお届けできるように

頑張りますので、どうかお見守り下さい。


今年もたくさんありがとうございました。

こんなスタッフブログですが、

来年もよろしくお願いいたします。



それではみなさま。

良いお年を。


IMG_1952.jpg


( ゚∀゚)ノ< お馬さん1年ありがと~またね~


スポンサーサイト