おりにっき

じょうはな織館スタッフが綴る日々の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こちゃ こいちゃ。

私物の一眼レフが壊れる。

(↑悲報)








みなさまおはようございます。

本日の城端は


雨のち曇り


で、ございます。

桜が咲いてから1週間ほど経ちました。

もうほとんど散ってしまいましたが

地面に落ちたたくさんの

淡いピンクの桜の花びらが

敷いてある道を歩くのは

これまたとても贅沢なお話で

ぜひカメラでかっこよく納めたいところなのです。

が、しかし。

先にも書きましたが

私の散歩用の一眼カメラが壊れてしまって

修理中なのです。


( ゚∀゚)< こんなに大事な時にーーーーーーー!!!!
(↑桜が)


もう数日かかると思うので

今年はブログに上げるの桜の写真は少ないかも。

( ;∀;)< です…。

(↑その変わりに携帯のカメラで撮った桜を毎朝ツイッターの方であげてます!)












閑話休題。











先日、日が暮れての夜遅くに、

自宅にいる愛犬の夜のお散歩をしていましたら、





( ゚∀゚)ん?何かいい香りがするぞ?これはたしか…






( ゚∀゚)クンクン……。






( ゚∀゚)?!






( ゚∀゚)< 榊のお花の香りだ!!!

20140417 184142

(↑超見えにくいですが小さい白い花が咲いてるのです)


そう。春先のこの時期に城端を歩いていると

ふと薫るこの花は

神様の木と書いて榊(さかき)。

そしてこの香りが一緒に城端に

連れてくるものと言えば?



( ゚∀゚)< 城端曳山祭!!!!!




という事で、

やはり来ました!

IMG_7807.jpg

今年の城端曳山祭のポスターです。




( ゚∀゚)< えらい今年はシンプルな仕上がりやな!!!



チラシも来てました。

IMG_7812.jpg

中はこんな感じ。

IMG_7813.jpg



( ゚∀゚)< 今年の一番山は西下さんかぁ!



先頭を行く唄は「宇治茶」

IMG_7820.jpg

宇治は茶どころ さまざまに 仲にうわさの大吉山と

人の気に合う 水に合う 

色も香もある 濡れた同志 粋な浮世に 野暮らしい

こちゃ こちゃ こちゃ 濃茶の仲じゃいな




( ゚∀゚)< うほ~うへへ~こりゃまたオアツイ唄でございますな~
(↑感想がキモイ)



宇治という地名が入ってますので

分かると思いますが元々は上方(大阪)で出来た歌です。

それが江戸でも流行って

城端でも歌われるようになったわけです。

大吉山というのは

宇治を一望に見渡せる低山の事だそうですよ。



( ゚∀゚)< ふふ~ん。いろいろな比喩表現が伺える大事な名詞やね~。



ちなみに江戸時代女性(主に遊女)を

お茶に例えて評価する習慣があったそうです。

花魁(上級)を「濃茶」とか

新米さんを(下級)「お薄」なんて言ったそうですよ。



( ゚∀゚)< ってことは容姿ともに最高な女性との(濃い→深い仲)を唄ったのかな?



( ゚∀゚)< それとも(濃い→苦い)思い出を唄ったのかな?




似たようなことを

何度かブログで言ってますが

こういう


( ゚∀゚)< あとは自分で自由に考え(解釈し)てか~


って投げやりな唄が好きです。

良い風に言えば、

器量がある唄。

余裕がある唄。


どんな思いもいろんな気持ちも

嫌な事も楽しい想像も


( ゚∀゚)< わかる~その気持ち~


ってすっぽりと受け止めてくれる唄。



その絶妙な人の気持ちを

昔の城端の人は笛と三味線の音色に表現して

江戸端唄の流れをくむ

城端独特の「庵唄」を作ったのです。



目には見えない

ここにしかない

これも城端の大切な

文化のひとつです。

IMG_5564_20130408112252_20140417232553a55.jpg
(↑手前の屋台の中にじかたの方々が入って演奏しています)


ぜひこの「庵唄」の

声の拍子に込め、三味線の返しに隠し、笛の運指に詰めた

昔の城端の人たちが表現した気持ちを

聞きにお越しください。








っと








言い忘れたまま終わるところでした。

改めまして

今年の城端曳山祭は





( ゚∀゚)< 宵祭5月4日(日)、本祭5日(月)です!!




ですので、

ゴールデンウィーク後半4日間の

2日目の夜と3日目の予定は空けておいて下さい。

よろしくお願いします。


そして城端へ来るための

各自それぞれの形をした

切符のご用意も忘れずに。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。