おりにっき

じょうはな織館スタッフが綴る日々の出来事

由緒に雨は降らず。

今年もあと1ヶ月を切りました。

今年の目標何か決めてたっけ?

何だったかな?

(↑忘れた)







みなさまおはようございます。

本日の城端は


くもり時々雨。


で、ございます。

全国ニュースではもう

初雪が降った地域が多いとの情報ですが

城端はまだ降る気配なし。

雪の季節独特の刺さるような寒さはしないので

まだ初雪は先の様です。

(↑例年通りって感じかな?)











閑話休題。











ブログに書くのがだいぶ遅くなってしまったのですが、

11月の初旬に

城端含め、南砺市内の紅葉狩りに

行ってきました。



( ゚∀゚)< 行くタイミングが少し早くて見頃はもう少し後ぐらいだったんだよね~




なので紅葉狩りというか、

どちらかというと探検に近いです。

2日に渡って行ってきました。

ので、とっても長いです。



( ゚∀゚)< ご覚悟の上ご覧ください。



まず1日目。11月某日。

天気予報では雨の予報でしたが、

朝からとても良い小春日和。

日差しも暖かくて良い色をしてるし、

なんか昨日ブログに紅葉狩り行きたいって

書いてたような気がするし、

その日は1日休日だった私は

外へ出かけることを決意。



( ゚∀゚)< ここ1ヶ月ほどひきこもってたから結構重大な決断だよね~。



丁度、福野の方へ用事もあったので

今日は福野、福光方面へ散策してみることにしました。

IMG_0535.jpg


( ゚∀゚)< いいお天気だぁ~出てきて良かった~


道と言えるのどうか分からない道を

気まぐれで選び、走っていると

秋を感じる場所に出会う。

IMG_0542.jpg

そして感動する。



( ゚∀゚)< 葉っぱの黄色がすごい黄色、きいろしてるよ!すごいよ!
(↑クソの様な語彙力)


の繰り返し。


なんてことを

していると小さな神社に出会う。

IMG_0548.jpg

「荊波神社」

( ゚∀゚)< なんて読むんだ?!分からんぞ?!?!


案内を読んでみますと

IMG_0554_20131202114439e0e.jpg

「延喜式神名帳に越中国砺波郡7座の内に『荊波神社』とあり、「うばら」とも「やぶなみ」とも併記してある。今日殆ど「うばら神社」と呼ばれている」

とあります。

( ゚∀゚)< 読み方は別にどっちでもいいよ~って公式が言ってるんだね。なんて大らかな神社なんだ。しかも延喜式神名帳に載ってる神社ってごいな…。神名帳の完成がたしか平安時代初期のお話だから、それ以前からあった神社って事か…。やばいな…。


しかも主祭神が日子刺肩別命(ひこさしかたわけのみこと)

になっているので、つまりはこの辺りの砺波地域の

ご先祖様のご先祖様を祀っている神社なのです。

(↑砺波地域を開拓した豪族の利波臣志瑠志<となみのしるし>が日子刺肩別命の末孫だと言われています。)


今まで全然知らずに

お世話になってた神様に

さっそくお参りして、

ついでに

お写真の許可を取ります。


<いいよ!


って言われた気がしたので

境内を撮る。

IMG_0551.jpg


( ゚∀゚)< 小さな神社だけど、なんだか落ち着くね。


しっかりした立派な石段と

境内から見た青空がとっても映える

印象的な神社でした。


帰ってきて調べてみたら、

この神社の奥に利波臣志留志の塚と伝えられている

小さい前方後円墳があるのだそうです。



( ゚∀゚)< あ~しまったなぁ。せっかくだから見たかったなぁ。行き当たりばったりでいくとこういう見どころをスルーしてしまうところがデメリットだよね~。


でもこれでまたここへ

お参りに行くきっかけが出来たので

よしとしましょう。


( ゚∀゚)ノ< また来ます!それまでどうぞお元気で!



そしてまた少し車を走らせると

墓地公園にたどり着く。

IMG_0555_20131203161129340.jpg

この上が墓地。


( ゚∀゚)< 一人でお墓に行くと帰ってこれなくなるっていうし、墓地はやめておこう。でもでも、お墓があるってことは近くにお寺があるのかもしれない!探してみよう!



少し山を下りると

安居寺(あんごじ)さんに着く

IMG_0561.jpg

( ゚∀゚)< ビンゴゥ!!なんだか今日は冴えてるね。一度来てみたかったんだよねぇ。安居寺さん。地元の人は安居(やすい)の寺って言うよね。


地図を見るとだいぶ広そう。

少しお邪魔してみることにしました。

IMG_0561_201312031649430a6.jpg

( ゚∀゚)< この上の方にある「林泉庭園」ってとこに行いってみたいな。水辺の写真を撮るのが好きなんだよね~

という事でさっそく

仁王門へと向かいます。

IMG_0563.jpg

境内へ進む石畳は

立派な木と苔で覆われた

澄んだ空気でいっぱいでした。


( ゚∀゚)< はぁ~なんておいしい空気なんだろう。昨日まで雨も降ってたから緑の色も深いなぁ~木々も湿気でツヤツヤでキラキラや~


IMG_0630.jpg

鮮やか過ぎる自然の色に



( ゚∀゚)< 何だこの色は!!!どうしたこの緑色!!!!美しすぎるやろ!!!!



常にキレてるおっさんみたいなテンションで

だれもいない寺を満喫しまくる。



仁王門には仁王さんがいたのですが、

お顔が怖すぎて写真に撮れませんでした。



( ゚∀゚)< ちょっと薄暗かったし怖さがが増したのもあったよね!こんなこともあるよね!



ちょっとビビりながら

観音堂へお参り。

IMG_0627.jpg


( ゚∀゚)< 城端から来ました!ちょっとお邪魔します!ひとりですけど怪しい者じゃないのでホントお構いなく!



許し(←?)も得たところで

池のある庭園に向かいます。

観音殿の横にある階段を上がると

少し開けた場所に付きました。

IMG_0566.jpg



( ゚Д゚)……




( ゚∀゚)< もののけ姫だーーーーー!!!!!
(↑の様な場所という意味)




低い青々した草の絨毯と

大きな木々。

少し恐ろしい雰囲気がまた

神聖さを煽る。



( ゚∀゚)< いやはや。こんなところがあったなんて知らんかったなぁ~



ホント来てよかったと

思いふけりながら

奥の階段をさらに上って行きます。

IMG_0572.jpg

が、しかし

意外と長い。この階段。



( ゚∀゚)< ひ~。まだあるよ~。



途中で一休みしながら

上までのぼりきって、

足がすでにガクガクな状態で

少し道なりに歩いていくと、

途中でなにやら広場になっている

場所が見えたので階段を降りてみる。

IMG_0593.jpg


( ゚∀゚)< なんだ?!ここは!!ミステリーサークル?!それともゴミ箱召喚したの?



たぶん丸い形のベンチなのですが

丸いのの他にも四角のベンチがたくさん

置いてあってベンチだらけ。

IMG_0588.jpg


( ゚∀゚)< どんだけベンチに座ってほしいんけよ!こんだけアピールされたら逆にベンチに座って落ち着こうって気にならんわ!!!



ベンチ、ベンチ言い過ぎて

そもそもベンチって一体何なのか

ちょっとよく分からなくなってきたので

さっさと戻る。



と、ここで雨が降ってくる



( ゚∀゚)< あちゃ~だんだん暗くなってきたらやばいかなとは思ってたけど、降ってきたな~まぁ小雨だし、すぐ止むやろ。



そして道に迷う。




( ゚∀゚)< やばい!やばい!ここどこよ?!2つ目の駐車場過ぎたらすぐあると思ったがに!林泉庭園どこよ?!安居寺さん広すぎるよ!今私どこにおるんよ!やばい寒くなってきたんやけど!ねぇ!!




冷たい森の中をカメラを持ちながら

半泣きで彷徨う私。



( ;∀;)< 誰もいないよ~車の音も聞こえないよ~もしこのまま森から出れなかったら、雨に濡れてボヨボヨな死体で見つかっちゃうよ~いやだよ~でもせめて死ぬ前に、高校の時書いてた恥ずかしすぎる「愛のポエム日記」を捨ててからにしたいよ~



てきとーに決めちゃった

今日の目的地、

「林泉庭園」に

はたして私は辿りつくことができるのか。






IMG_0596.jpg

( ;∀;)< くまモン?








後半へ続く。

スポンサーサイト