おりにっき

じょうはな織館スタッフが綴る日々の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お日様パワー

ブログは書いてから

一日寝かした方が

面白い気がする。

(↑絶対ない)










みなさまこんにちは。

本日の城端は


晴れ


で、ございます。

とっても良いお天気で

外へ出るとお日様が眩しくて

歩いてる人みんなしかめっ面で見てると面白いです。

「織物会館だって。入ってみようか!」

「うん!見てみよう!見てみよう!」

っていう楽しそうな観光のお客様の声なのに

みんな顔がゴルゴ。

(↑城端町にいる人みんなゴルゴ)











閑話休題。











じょうはな織館の裏玄関には

郵便ポストがあるのですが

ポストに付けていた織生地が

日の光で色あせちゃったので

新しい生地を付け変えてあげました。

IMG_5268.jpg


( ゚∀゚)< 真ん中のカラフルなやつね!!



そして今まで付いてたのがこれ。

IMG_5269.jpg

真っ白に燃え尽きてしまっていますね。

あんなに鮮やかな赤や紫の色で

私たちや、郵便屋さん、新聞屋さんの目を

楽しませてくれていたのに。

(↑たぶん)



( ゚∀゚)< もう5年以上張り付いてたからね…。



この色のない寂しい配色を見ていると、

なんだか人の老いの年月と

重ねしまって余計寂しさが募る。

気がする…




( ゚∀゚)< あぁ…なんて無情な…あの色鮮やかで若々しさあふれる織生地が年月経ってあんな彩りも何もない織生地に…なんて…いたたまれない…あぁ…なんだろうこの気持ち…。




さらに、この生地に使われてた色が例えば

人の性格や個性だとして、

明るい鮮やかな赤や黄色は、優しさ、誠実さとかの、

人の「良し」とされるところで、

暗めの渋い紺色や黒色は、嫉妬深さ、短気さだとか、

人の「悪い」とされるところに充てて考えると、

時間を重ねて年をとって最後に残るのはやはり、

この織物のように「暗い」部分しかないのでしょうか。



( ;∀;)< そうなの?!年を重ねることは傍から見るとこんなに残酷な事なの?!



織物の色と人を比べてるだけなのですが、

なんだかしっくりくる気がしてきて、

それを実際に見て突き付けられると

かなり凹む。




( ;∀;)< 「色」という人の「個性」も時間と共にどうしても消えてしまうものなのなら、自分の個性を磨くことは意味の無いことなの?じゃぁなんのための人生なの?

(↑日焼した織物からとんでもない話へ)




じょうはな織館の2階の事務所で

時間という人生の残酷さに

ちょっと泣きながら、ふと

そのモノクロの織物をひっくり返してみると…





IMG_5270.jpg


( ;∀;)< 色だ!!色が付いてる!!赤や黄色の鮮やかな色がずっと前のそのまんま残ってる!!!



どれだけ年をとって

表面に色がなくなって

白髪が増えたとしても、

根源は変わらずに色あせずに自分の中に全部あるのだと…。




( ;∀;)< ありがとうっ!ありがとうっ! 大事な事を5年もかけて私に教えてくれてありがとうっ!!



大切な事を教えてくれた

色あせた織物に感謝し

改めて新しくポストを

鮮やかに飾ってくれてることになった織物に

期待と希望を抱きながら

これから共に仕事をしていく覚悟を決めたのでした。






………。






という事で、

今回私が皆様に伝えたいのは…




( ゚∀゚)< お日様の光って強いなぁ!!!




と改めて思ったという事なんですよ。

ねぇ。

(↑まわりくどいにも程がある)

スポンサーサイト

由来は。

髪切ったら軽すぎて、

なんかの拍子に頭まで

吹っ飛びそうで怖い。

(↑そ~っと振り向いたりしてる)









みなさまこんにちは。

本日の城端は、



晴れ



で、ございます。

今日もとってもいいお天気。

風が少し吹いてるので、

暑いですが外を歩いていても

気持ちがいいですねぇ。

特にこの時期はあちこち

色んなお花が咲いいてるので、

お散歩も楽しい。

この時期特に好きなのが芍薬。

見てるだけで豪華な気分になって

それでいて品もある。理想のお花。

(↑たくさん咲いてるお家を見ると羨ましい)









閑話休題。












先日、外のお花の水をやってると気付いたのですが、

IMG_5329.jpg


( ゚∀゚)< あれ?!変わってる!!


一体全体いつ変わっていたのか、

毎日織館に来てるのに

全然気付きませんでした。



看板の表示が、

kids_convert_20100719101425_20130604104049.jpg

これから、


IMG_5330_20130604142856.jpg

これに変わっています。


( ゚∀゚)< あれ?この看板て、液晶パネルだったけ?



そんなハイテクな事をしたわけではなくて、

ただ単に上から張り替えただけのようです。

IMG_5332_20130604143455.jpg

(↑元のやつがちょっと浮いて見える)

何やら織館の建物の歴史がつらつらと書いてあるようですね。



( ゚∀゚)< ほほぅ。確かに来られたお客様ほとんどの方が「ここは元々何の建物だったんですか?」って聞かれるもんね。



この場所に興味を持って下さったお客様に、

良い情報をお持ち帰りくださるには丁度良いですね。





( ゚∀゚)< 今度聞かれることがあったら、ついでに案内しよう!








( ゚∀゚)………。







(;゚Д゚)ハッ!!







(;゚∀゚)< 朝顔どこで育てよう…。

(↑毎年この看板に網を引っ掛けて朝顔育ててる)


よめしゃがり。

この辺では夕方のことを

「よめしゃがり」と言います。

(↑何でだろう?)

(↑「昼下がり」とかと関係あるのかな?)








みなさまおはようございます。

本日の城端は



暑い。



で、ございます。

(↑どうなってるのーーー?!)














閑話休題。










6月に入りましたら、

日の入りがグッと遅くなったので、

仕事が終わって帰る頃でも、

明るくてなんだか得した気分でいられます。

(↑実際は全然得じゃないけど)

nsIVVRAnIlhm0BZpbhlS51T7Qco4-TKu3d-vgeFx4ww3.jpg

日の入りを見に外へ出かけられるのも

嬉しい理由の一つ。


( ゚∀゚)< 城端の田んぼの水鏡が大好き!



vte_m7y1WGTIcuAuRJb-ukLU1cHYw029sQ3XU1D5aOI3.jpg

携帯にパノラマ機能なんてのが付いてたから、

ちょっと使ってみる。



( ゚∀゚)< パッと見何か分かんないけど、幻想的だわ!



B0hhL172JjIujsIYpT7wsbF8-EqW7xkpHAeLGSU9Lks3_20130614103333.jpg


最近はもうだいぶ稲も伸びてきて

ワサワサになってきてるので、

はっきりとした水鏡には

なりにくくなってきてるのですが、

やはり夏の夕日は力強くて美しいですねぇ。



( ゚∀゚)< 早いところでは、今週末から蛍の見頃を迎えるそうですよ!



ついこないだ4月の新年度を

迎えたような気がしてましたが、

桜の春もはやすぎまして、

もう外の季節は夏です。

夏なのですよ。



( ゚∀゚)< あれ?梅雨どこ行った?

(↑ほんと雨降らなから困る)

エキセントリック質疑。

蚊に刺されまして、腫れまして、

ひざに真っ赤なロッテのチョコパイが

くっついています。

邪魔。重い。痛い。

(↑イライラするわぁ)












みなさまこんにちは。

本日の城端は


くもり


で、ございます。

城端もやっと梅雨入りしまして

窓を閉めても開けても

湿っぽい少し気分が

イライラしてしまう日ですね。

(↑だめね)










閑話休題。









今日は朝から城端小学校の2年生の皆さんが

町たんけんにいらっしゃいました。

館内を見学してもらい。

織物の作り方を

繭玉と蚕を見せながら説明。



( ゚∀゚)< すげー!とか面白い!とか反応があるとやりがいがあると言うか嬉しくなっちゃうよね。



一連が終わるとお待ちかねの質問タイム。



織館は何年前にできたのですか?



という来館された観光客のお客様にもよく聞かれる

共通の質問は慣れているので

こちらのお答えもお手の物。


( ゚∀゚)< 皆さんが織体験をしたり1階でここで作った織物の商品を買えるようになったのは10年前からですが、この建物はみなさんのおじいちゃんのお父さんが小学生だった頃の85年前に建てられました。その頃は城端で作った織物の商品の失敗がないか調べる場所として使っていたんですよ。ですので織館は10年前にできて、建物は85年前にできました。



といった具合で、

このままスムーズに終わるかと思ったら大間違い、

今日のお相手は小学2年生。

思わぬ質問がとんでもない角度から飛んで来る。



どうして『織館』という名前なのですか?



という、なぜ今それを知りたいのか

逆にこちらが聞きたくなる質問に、


( ゚∀゚)< 公募ですので知りません!!!


なんて輝く未来の宝たちに言えるわけもなく、



( ゚∀゚)< そ、そ、それはねぇ~、う~んと、なんていう名前にしたらいいか城端の人たちに聞いたら、「織物」という漢字と、「会館」という漢字を組み合わせて「織館(おりやかた)」って言うのにしたらいいんじゃない?っていう意見が出たから、それにしよう!ってなったんだよ。「織物の会館」なので「織館」と言う名前です。



という、

よく聞くと当たり前の事しか言ってない

応答でギリギリかわす。




そして次…


おねえさんが初めて織った織物は何ですか?


という、これこそ

( ゚∀゚).。oO( なぜあなたが初めて会った私の織った織物に興味があるのか逆に興味ありま~す。って言い返したいし、「ショールです」ってただ言ったところで、なんだ面白く無ねぇなって顔するんでしょ?ねぇ?「何ですか?」=「見せろ」って言ってるんでしょ?「早くここに持って来い」って顔してるのおねえさん分かるよ?困らせてるの?いじめ?「純真無垢」であることは時に人を苦しめるっていう事をあなたは「町たんけん」より先に学ぶべきだわ!

という思考を2秒で終わらせ、


( ゚∀゚)< ち、ちょっと待っててね。今持って来るね。


と言い、急いで勤務したての頃に織ったショールを持ってくる。


( ゚∀゚)ノ□ノ < これが私が5年前に初めて織った織物です。まだヘタだから糸がナミナミになってまっすぐになっていないですよね。これをキレイにまっすぐに作れるように毎日ここで織物の修行をしています。


という風に言うと当然、


( *'∀'*)< ホントだ!きれいじゃな~い!へたっぴだ~!


という言葉の鋭いナイフ。



( ゚∀゚)< で、ですよね~。知ってました~。

( ;∀;).。oO( そう言われるであろうことも知ってました。


r899B0p53fLnsZ43gfKfBba0RDbhDxMx33e4Pif5DG4.jpg

まったく。もう。

面倒くさいし、わずらわしいし、

ややこしいことばっかり言うのに、

それでもやっぱりやっぱり、

子供はかわいいですね。


おはようございますって言うと、おはようございます!って言うし、


よろしくお願いしますって言うと、よろしくおねがいします!って言うし、


また来てねと言うと、また来るね!って言うんです。



それだけなのに、

なんて愛らしい人たちなのでしょう。


大人になった時、

織館に来て見た蚕とまゆの事、機織の事、

少しでも覚えていてくれたら嬉しいです。


そして


おねえさんの下手なショールは

少しでも早く忘れてくれたら嬉しいです。

イチゴのやつが好き。

「れいなだよ。今何してる?

暇なら近所のマックで待ち合わせしよーよ」

っていうスパムメールが来たから


( ゚∀゚)< 馬鹿にして貰っては困る!私が住むこの土地は市内に唯一あったマックが惜しまれることもなく潰れるのほどの辺境の地!空は七色に輝き!緑は海より深く!星に手が届くこの地の名はナントシ!わが身を置くはジョウハナ地区!れいなと名乗る者よ!おぬしがこの境地に立ちうる心を持ち合わせていると言うなれば、マックとやらがある土地から私に会いに来るがいい!歓迎しよう!待っているぞ!フハハハハハハハハ!

という高笑いと共に華麗に削除。

(↑私なりのサービス精神)











みなさまおはようございます。

本日の城端は


晴れ


で、ございます。

昨日の晩は月が地球から大きく見える

スーパームーンの日だったようなのですが、

あいにく城端は雲に覆われて

見えませんでしたよ。

残念。

(↑今日はいい天気だから見えるかな?)











閑話休題。










先日、フェイスブックを徘徊しておりしたら、

私の好きな「城端さくらクレープ」さんのお名前を発見!

地元のイベントなどでいつもクレープを出店して下さっているので、

毎回楽しみにしているのですよ。





( ゚∀゚)< 次はいつ出店するのかなぁ!





と、見ておりましたら…


無題2



( ゚∀゚)< あれ?…この写真…もしかして…この手の太ましさは…



無題


(;゚∀゚)< わ、私だーーーーー!!!!!



なんと!ナント!いつぞや私が、

感極まり、クレープを天高く掲げた日の私の手が

さくらクレープ様のアイコンに

なっているではないですか。





(((( ゚Д゚)))< なんと畏れ多き事よ!毎度私に甘美なるおやつを作り出して下さる敬すべきお方の象徴が私が手にしたクレープの画などと!無礼甚だしいわ!

(↑分かりにくいですが、かなり嬉しがっています)




さくらクレープの方が

ブログを読んで下さっているのは

存じておりましたが、

写真まで使って下さるなんて…

ホントありがとうございます。




なんかちょっと思わぬアレだったもんで、

写真もアレだもんで、今度出店されたら

良かったらまたちゃんとした

おいしいクレープの写真撮りますんで、

あの~つまり…。




( ゚∀゚).。oO( こんなんでいいの?…



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。