おりにっき

じょうはな織館スタッフが綴る日々の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時めくしるし。

トゲ刺さった。

取れない。

切ない。

やるせない。

(↑ちょっと痛い)











みなさまおはようございます。

本日の城端は


雪のちくもり


で、ございます。

雪降りましたよ。雪。

ちょっと積もりましたよ。

桜かわいそうですよ。

(↑本当に大丈夫かな…桜まつり)












閑話休題。















じょうはな織館のHPがリニューアルいたしました。

それに伴い、織館の新しいロゴ、シンボルマークも

決まりましたよ。

それがこちら、

557554_255638381194482_146311378793850_528583_797547232_n.jpg

この八芒星に「織」のマークは

もともと城端織物組合のマークとして

使われていた物です。


今回じょうはな織館のロゴを

新しくを改めようとした時に、

今ではもうあまり使われなくなってしまった

このステキなマークを織館の新しいシンボルとして

使わしていただきたいと城端織物組合さんへお願いしたところ、

快くご了承いただきました。



もともと組合さんの事務棟として建てられた

じょうはな織館の館内にも各所に

このマークが残っています。

20091127160149bea_20120402130525.jpg

これは織館玄関のライト。


2009112716332270d_20120402130525.jpg

これは織館裏手から見られる蔵の扉。


200911271633220b0_20120402130525.jpg

そしてこちらは関係者以外立ち入り禁止になっている

織館の蔵の入口の扉。




そして城端織物組合が盛んだった

昭和初期の古い写真などを見ると、

随所にこのマークが写っています。




海軍さんに城端から零戦を送った時の記念写真には

傍らにこの織物組合の旗が掲げられています。

20120402123449559_0001.jpg

(↑見えにくいですが左にあります。クリックで拡大)




城端機織り工場対抗運動会の写真には、

万国旗の代わりにこのマークの旗が、

グラウンドのそらいっぱいに渡っている写真もあります。

20120402152337447_0005.jpg

(↑見えにくいですが小さい旗全部にしるしがあります。クリックで拡大)




このマークが絹織物で繁栄を遂げた

城端のシンボルでもあったのではないでしょうか。





城端織物に携わってきた多くの方々の

城端の繁栄、発展の思いを

じょうはな織館が少しでも担う事が出来たら、

そして、その思いをこの「しるし」に掲げることで

じょうはな織館がこれから進むべき道の

「みちしるべ」になりますように。


新ロゴ

これからもじょうはな織館を

どうぞよろしくお願いします。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。