おりにっき

じょうはな織館スタッフが綴る日々の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オススメおやつ??

もし、今日

カレンダーが1月だったら

私は2月にする。



(↑2月になったと言いたいだけ)






皆様おはようございます。

本日の城端は

晴れ。

でございます。



あぁ…

良い響きだ…。







さて、さて

今日は久しぶりの晴れですし、

雪ネタから少し離れてみましょうか。






先日、

城端にあるスーパーマーケット「セフレ」の中にある

タイ焼き屋さんで売っている「白いたい焼」に、

「塩たい焼き」という新商品が出ていたので

買ってみました。



IMG_1630.jpg

中身はあんこではなく

なんと…枝豆塩昆布

すでにこの時点で、

「たい焼」は、和菓子として味わう甘味。

という概念からかけ離れすぎではないか

という感じは否めませんが、




一口食べてその疑問は確信に変わりました。

これ…

おやつではないな

と…。


たい焼きを食べるときの期待と興奮で

そのまま食べてしまうと全く甘くないので、

大変裏切られた感じにるので

気を付けなければいけません。


ですが、

なんと言いましょうか…


( ゚∀゚).。oO(…小腹がすいているけど、甘いものがほしいわけじゃなくて…けど、そんなにガッツリした食べ物はいらないなぁ…。


っていう感じの時に食べたくなる

焼きおにぎり。

のような感覚で食べると

この塩たいやき。


かなりおいしいです。






さらにこの塩たい焼き、

なんとお鍋の具

として入れるととてもおいしいらしいのです。






(΄◉◞౪◟◉`).。oO(え~?鍋にたい焼き入れて食べるの?なんか…でも…え~?




と、あんまり最初は疑っていたのですが、

あまりにもお店の大将がすすめるし、

ちょうどその日の夕ご飯はお鍋だったので、

やってみたのです。








IMG_1640_20110201103215.jpg

かなりのインパクト。







ですが、食べてみると意外や意外!!!

熱いお鍋で皮が少し溶け、

モチモチした触感が際立ち、

さらに、たい焼きの皮独特のほんのりした甘みと

塩昆布のうまみがこれまた絶妙!!!



お鍋の具としてお餅を入れるより、

味に楽しみがあるし、

水餃子を入れるより

さっぱりと和風に食べることができます。




これ……



かなりおいしい!!!



です!!!!!







ということで

私はこの時思ったのです。



この塩たい焼き…。









鍋に入れる時は細かく切った方が食べやすいな


と…。

(↑初歩的ミス)







スポンサーサイト

冬の畏き者。

ここ数年で

本当に涙もろくなってしまった。


(↑悩むほど)






皆様おはようございます。

本日の城端は

晴れ

でございます。




うれしいッス!!!!







さて本日は、

とても素敵なお方にお会いしたお話を

したいと思います。




それは昨日の晴れた日の午後。

私は家のこたつで

借りた漫画を一気読みするという

この上なく優雅な休日過ごしてしました。


あぁ…

こんなに晴れた光の中で

休日の午後を過ごすことができるなんて

いつ振りだろう…

お天道様って素晴らしい…。


と、幸せをかみしめながら

黙々と読書(漫画)を進めていると…

突然、自宅の玄関から私の姉の叫び声が!!!



「大変だ!!!あのお方が…
 ついにあのお方がいらっしゃったぁぁぁぁぁ!!!!」



安らかな時が流れていた雰囲気が一変不穏な空気に…

その動乱の空気を察したのか、

ゲージの中で眠っていた愛犬も驚倒し吠えだす始末。



あのお方なる人物におおよその推察がついていた私は…


「なにぃ?!あのお方が?!とうとう我が家に?!」


と動揺を隠しきれるわけもなく、

聞くや否や瞬時にこたつを出て

急いで外へと向かう。



雪の積もる澄み切った空気は

上着も着ずに屋外に飛び出してきた

私には少し痛いほどの

寒さだったのを覚えている…。


しかし今はそんなことは関係ない。

私は必死にあるお方の姿を

確認するために辺りを見回す。


しかし私の目線が映し出す光景の中に

その姿は確認できない…

姉の言ったことは虚言だったのか…?

やはりあのお方のような存在は簡単に

私たちのような所に訪れることはないのか…?

と、少し諦めの思いが湧き始めていた私の横で、

姉が空高くの方角を指さし叫ぶ、



「ほら!!!あそこ!!!」



…そしてついに私は

頭上に輝きながらそびえたつ

そのお方の姿をとらえた…。



















IMG_1834.jpg

雪だるま。












…………。
















本日の記事には、

事実に対して行き過ぎた不適切な表現が

あったことをお詫びいたします。













主に全部。




出会いと別れ。

かまくら作りたいなぁ

大人だから

2階建てくらいのやつ。


(↑人員募集中)







皆様おはようございます。

本日の城端は

晴れときどき曇り

でございます。

穏やかな日が続いてちょっと

日常の行いも、たるんで来ております。


(↑昨日の更新が無い理由。)





さて、つい先日

ゆきだるまさんにお会いした日記

を書きましたが、

あれからずっと変わらず、

あの場所で私を見守ってくれています。

今日も、出勤する前に

挨拶をしていこうと雪だるまさんを見上げると…






( ゚∀゚)<えっ?!!





(;゚∀゚)<ま、まさか!!!!














DSCF26372.jpg


ゆきだるまさーーーーん!!!!!!!











………。











ここ数日のいいお天気でだいぶ溶けてました。

こんなに早いなんて…

かつてのあの穏やかな顔からは

考えられないくらい過酷なお顔。






お別れの日が近づいてきているようですね…。






ありがとう。

雪だるまさん。

厳しい冬の中、

穏やかな光とともに舞い降りた

あなたの事は忘れません。

いつかまた会える日を祈って……。



















DSCF2637.jpg

怖いっっっっ!!!!!!








最後にしてほしい。

私がいつも来ている上着のポケットには

絶えずゴミっぽいものが必ず入っている。

(↑ステキな柄のガムの包み紙とか)






皆様おはようございます。

本日の城端は朝から

晴天。

でございます。

外に出かけたくなるような

素晴らしい日曜日です。






あのひどい大雪の日からもう

一週間も経ったのですね。




外へ出てみると、

だいぶ雪が解けて

町の雰囲気がとっても

穏やかになったような気がします。

DSCF2641.jpg

誰も居なさすぎて、

心臓の音が聞こえるほど静かでしたよ。



お日様に照らされて溶ける雪の匂いと、

地面が乾いていく匂いに

とてもうれしく思います。




あぁ…

このまま春になってくれないかな。

DSCF2639.jpg

こういう風景を見ると、

暖かくなるのはもうすぐなのかと、

勘違いしてしまいます。







( ゚∀゚).。oO( ふふ…かわいいな…乗りたいな…











って思いながら写真とってたら、

この自転車の持ち主らしき人が遠くで

じっーと私を見てた。










ひーーーー!!!!!

ゴメンナサイ!!!!

私は仕事です!!!!

スイマセン!!!!!



(↑大混乱)




(↑今日は途中までいい感じの日記だったのになぁ)




特別能力。

帰宅前に洗って干しておいたタオルが、

翌朝に乾いているという幸せ。

(↑暖かくなったと言いたい)






皆様おはようございます。

本日の城端は、

朝からずっと雨

でございます。


雨がこんなに

うれしいものだと思いませんでした。

あったかいんだもん。





画像 401



さて、さて

昨日の日記に

春はまだ遠いだろうなぁという事を

書きましたが、

二十四節気の

暦の上では今は、

「立春」

もう春に入っているらしいです。



ここ最近、外へ出ると感じた春の匂いは、

勘違いではなかったみたいですね。






そして、

七十二候の上では、

「東風解氷」(はるかぜこおりをとく)

春の暖かい風が氷を解かし、

魚も勢いづいて泳ぎ出す

といった初春の光景の

春の訪れの事をいっています。



なんだか

光が見えたような気がします。

よかった。よかった。







ということで、

今回の結論として

私が言いたいのは…






もしかしたら自分は

鼻で暦を嗅ぎ分けるという妙技

もってるヒトなのかもしれない

という事です。











全然かっこよくないな…。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。