おりにっき

じょうはな織館スタッフが綴る日々の出来事

ほんっっっとに苦手なのです…。

いいお天気の日、

さぁっ!!今日もがんばろうか!!

と、珍しく意気揚々と、じょうはな織館の正面玄関を開け、

看板をだそうとしたら…






Σ:((´゙゚'д゚')):ヒッ!!!!!






玄関に……ジャノメチョウが……死んでる……。



(ジャノメチョウ;中型の蝶。茶系統の地色に気色の悪い目玉模様を持つ。緩やかに飛ぶものが多い。その姿はどこからどう見ても蛾そのものである。)





((((;゚Д゚))))ああああぁぁぁぁぁぁぁぁ……


いやだ……怖いよ……どうしよう……でも、玄関だから無視できない……ちゃんと片付けないと……でも怖い……ってかまだ生きてんじゃねぇの?……私が近づいたら急に動くとか無いよね……あぁこんな事してたらお客さん来ちゃうよ……でもどうやって片付けよう……手で掴むとか絶対無理だし……あっそうだ!!館長がいつも使ってる外の掃除用の箒とちりとりがあるじゃん!!……それを使えばそんなに近づくことなく片付けられるんじゃ……でも……いやだ……怖いよ……どうしよう……でも、玄関だから(以下略)

をひたすら繰り返すこと数回…


しぶしぶ箒とちりとりを持って来て、


構える……







繧ク繝」繝弱Γ繝√Ι繧ヲ_convert_20100607160910


この体勢のまましばらくフリーズしてしまった為、

このときの記憶が曖昧ですが…



何分か経ってから、断腸の思いで心を決め、

ちりとりに向かって箒をサッと一掃き!!!!





オリャァァァァ!!!!!!










…………。








:((´゙゚'Д゚')):?!












力を込め過ぎてジャノメチョウ分裂……。










_| ̄|○ il||li









変わらない様に見える日常は、

時に非日常という名の牙をみせ、私達に襲いかかってきます。


………。


こんな非日常なら私はもう何も望みませんっっ…(←泣きながら)

と心の中でつぶやきながら

バラバラになったジャノメチョウを脅えながら土へと還す…。








そんな朝のひと仕事。


スポンサーサイト