おりにっき

じょうはな織館スタッフが綴る日々の出来事

私の答えはこれだ!!!

北日本新聞11月20日のコラム,『天地人』に
じょはな座で『レイトン教授と永遠の歌姫』の
試写会で行われるイベントについて書かれていました。


『子どものころ、ノートの隅っこに「パラパラ漫画」を描いた経験を持つ人は多いだろう。視覚の残像で、絵に生命が宿ったように動き出すのが面白かった。アニメーションの語源のラテン語「anima」は魂、息などを意味し、これらを吹き込まれて絵が躍動する。


 小学生にアニメーション作りを体験してもらうイベントが来月、南砺市伝統芸能会館じょうはな座で開かれる。同市城端のアニメ制作会社「ピーエーワークス」が全編にわたって手掛けた映画「レイトン教授と永遠の歌姫」の特別試写会の一環で企画され、城端小児童が参加する。


 図柄が異なる絵に色鉛筆で彩色してもらい、同社スタッフが約100枚をつなぎ合わせて動画に仕上げる。1秒につき8枚の絵を使い、パラパラ漫画のぎこちない動きとは比べものにならない映像を試写会後にスクリーンに映し出す。


 試写会について発表した会見で、同社の堀川憲司社長は「子どもたちの笑顔を想像しながら制作した」と語った。通信インフラが整備され、制作拠点を大都市圏に置く必要性がなくなったともいい、「地方都市からクリエイティブな仕事を発信したい」と強調した。


 動画を描く体験を通じて、子どもたちはアニメ制作の楽しさや大変さを実感するだろう。本編の上映も楽しみだが、子どもたちが魂を吹き込む動画の出来栄えにも期待したい。』



……………。


えええええ!!!!!

すすうすすすすすすすssssすごくね?!?!?!?!

自分のお絵かきした絵がアニメになってスクリーンで見れるの??




うわぁぁぁぁぁ~いいいいなぁぁぁ~私も色塗りしたいなぁぁぁぁ~いいなぁぁぁぁぁ~小学生。小学生いいなぁぁぁぁぁ~アニメになったのも見てみたいなぁ~





クソッ

( ゚д゚)、ペッ



私ももうちょっと、あとちょっと若かったら参加できたのに。


…………。





* ゚・*:.。.:*・゜+ d(*´∀`)b うそです +.:*・゜゚・*:. *


* ゚・*:.。.:*・゜+ d(*´∀`)b そんな言うほど若くないです+.:*・゜゚・*:. *


レイトンポスター



……なんにせよ、うらやましい限りです。

スポンサーサイト